4月18日(日)に78歳で逝去した吉本新喜劇のチャーリー浜を偲んで『チャーリー浜さん追悼番組 天国じゃあーりませんか』がMBSで4月29日(木・祝)午前11:00~11:30に放送されます。

故人を笑顔で偲ぶ番組に

出典: MBS

チャーリー浜は1962年に吉本新喜劇に入団。「ごめんくさい」、「君たちがいて僕がいる」などの持ちギャグで知られ、なかでも代表的なギャグ「…じゃあ~りませんか」で1991年に「新語・流行語大賞」の年間大賞を受賞しました。

追悼番組では、座長の小籔千豊、川畑泰史、すっちーをはじめ、チャーリー浜とともに長年舞台に立ってきた池乃めだか、末成映薫、未知やすえが懐かしのVTRを見つつ、さまざまな思い出やエピソードを語り合います。
また、72人の新喜劇座員がリモートで参加し、同じ時間を過ごしながら、チャーリー浜を偲びます。

出典: MBS

VTRでは、半世紀にわたって新喜劇を支えてきた在りし日の姿やMBSに残る貴重な映像に共演者も思わず爆笑の連続。故人を笑顔で偲ぶ番組になりました。
池乃は「どこかで覚悟はしていましたが、亡くなられたと聞いたときは、覚悟ができていなかった」とその死を惜しみました。

恋人役の共演が多かったという末成は「元々はアドリブをかまさない人。台本通りに言いはる人やったね」と当時の二枚目役者ぶりを振り返りました。また、自身の結婚式で仲人をつとめてもらった未知は、間質性肺炎で入院した時の電話でのやりとりを披露し「照れ屋さんで口べたやなと思った」とその人柄を偲びました。

出典: MBS

さらに、小籔は破天荒といわれたキャラについて「クレイジーチャーリーを演じている部分が多分にあった」と明かし、川畑は自身が落ち込んでいる時のチャーリー独自の励まし方で「何度も元気をもらった」と面倒見のいい一面を披露しました。また、すっちーは「新喜劇に入ってすぐは本当に怖かった」というエピソードとともに「究極のツンデレ」だったと打ち明け、「多くは語らないんですけど、若手にも優しい言葉をかけてくれた」と故人への思いを語りました。

甦るチャーリー浜の映像の数々、爆笑エピソードも含め、見逃せない追悼番組です。

ぜひご覧ください。

番組概要

チャーリー浜さん追悼番組 天国じゃあーりませんか

出典: MBS

放送日時:4月29日(木・祝)午前11:00~11:30
出演:小籔千豊、川畑泰史、すっちー、池乃めだか、末成映薫、未知やすえ
※リモート出演 吉本新喜劇座員 


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」