4月25日(日)、コロコロチキチキペッパーズ・西野がInstagramを更新。“大学生”に扮してエピソードトークを披露したところ、まさかの事態に見舞われてしまったようで……。

関連記事:コロチキ、2ショット撮影も“切なすぎる”ハプニング発生「顔と認識されていないのでは」

 

“おもんない話する大学生”のモノマネ

今回西野は、「流暢ではあるけどめちゃくちゃおもんない話をする大学生」に扮した動画を公開。動画では、母が「マルイのビル」を「オイオイのビル」と言い間違えたというエピソードを披露しています。

実はこの動画が、まさかの“勘違い”を招いているようで……。西野いわく「#ハッシュタグまで見る人あんまりいなくて僕の渾身のエピソードトークやと思われててtiktok内で西野めちゃくちゃおもんないやんてなってる」とのこと。モノマネとして披露した話が、西野の“渾身のエピソードトーク”だと勘違いされてしまっているようです。

まさかの事態に「#最悪」と胸中を明かした西野。ファンからは「勘違いされてるんわろた」「TikTokの人におもんないやつ思われてんの草すぎ」「西野さんの素だと思われてるのめちゃおもろいです笑」など、思わず笑ってしまったという声が相次ぎました。

■動画はコチラ

 

“ドッキリ起こりそうな楽屋”を公開

そんな西野は以前、Twitterにて「ドッキリが起こりそう」と感じる楽屋を紹介。

「なんかしらのドッキリ起こりそうな楽屋」とコメントを添えて投稿されたのは、広い体育館のような場所の一角に、余裕をもって机とパイプ椅子が並べられた楽屋風景。

バラエティ番組などでドッキリの対象となることが多いコロチキからすると、こうした楽屋は“ドッキリが起こりそう”な環境だそう。ファンからも「やばいそれにしか見えない笑」といった声があがりました。

関連記事:「それにしか見えない」コロチキ西野が公開した“ドッキリ起こりそうな楽屋”

 

今回の投稿で西野は「#リョウヘイ #名前つけたった #これで別人」と綴り、勘違いを防ぐために別人の名前をつけて対策を行なったことも報告。これにはフワちゃんからも「ハッシュタグおもろ」とコメントが寄せられていました。

【芸人記事まとめ】

【関連記事】
【写真】怖すぎ…ネギ先端に現れた“物体の正体”
【減量】吉本新喜劇・五十嵐サキが86kgから驚きの姿へ
【動揺】NON STYLE石田、妻のブログに“衝撃の事実”
【反響】元はんにゃ川島に相方から「16年ぶりの頼み事」
【悲痛】ゆいPが明かした「オカリナがためらう理由」
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」