5月23日(木)、東京・スパイラルホールにて映画『パラレルワールド・ラブストーリー』公開直前イベントが開催され、出演者のKis-My-Ft2・玉森裕太、吉岡里帆に加え、スペシャルMCとしてハリセンボン(近藤春菜、箕輪はるか)が出席しました。

東野圭吾の同名小説を実写化した本作。2つの世界(パラレルワールド)に迷い込んだ青年・敦賀崇史(玉森)が、真実を追い求めるストーリーです。

玉森&吉岡のイジリに春菜のツッコミが炸裂!

今回は本作の題材に絡めて、玉森と吉岡が2択クイズ対決を行なうことに。玉森が「この日のためにコンディションを整えてきました!」とやる気をアピールすると、吉岡も「私も手加減ナシでやります!」と応戦します。

続いてハリセンボンがサプライズで登場! 早速玉森から「あれ?今日幸楽お休みですか?」と聞かれると「角野卓造じゃねーよ!」とすかさずツッコミ。吉岡からも「監督がこんなところに来ていいんですか?」とイジられると「マイケル・ムーア監督じゃねーよ!」とお馴染みの返しで笑いを起こしました。

そんな中ゲームがスタート。お客さんに2択のクイズを出して、どちらが多いのかを当てる「数当てクイズ」や、箱の中身を当てるクイズなどに挑んでいきます。

激痛の足つぼマッサージをいかに気持ちよさそうにして、どちらが演技をしているのか当てるクイズでは、ハリセンボンがデモンストレーションを行なうことに。

マッサージのことを聞いていなかったという春菜。「映画一切出ていないのに、呼ばれた意味が分かったわ!」と怒りをぶつけ、実際に激痛マッサージを受けると「バカヤロー!」と叫んで笑いを誘いました。ちなみに勝負は、吉岡が見事勝利を収めていました。

ハリセンボン的映画の見どころは?

一足お先に映画を観たというハリセンボンの2人。春菜は「どんどんミステリアスになっていて、本当に引き込まれていく」と作品の魅力を語り、「それと同時に2人の顔がどんどん悪くなる」と2人の演技力を絶賛。登場人物が悩まされていく様子が丁寧に描かれていることを紹介しました。

一方、はるかは「何が起きているのか最後まで分からないんですよ」と熱弁。「今も分かっていないかもしれない……」とこぼすと春菜が「それはもう1回観てください」とツッコミ。「そのパニックを楽しんでほしいです」とアピールしていました。

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』は、5月31日(金)に全国ロードショーです。お楽しみに!

映画『パラレルワールド・ラブストーリー』

出演者:玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太ほか
原作:東野圭吾
監督:森義隆
主題歌:宇多田ヒカル『嫉妬されるべき人生』
公開日:5月31日(金)
公式サイト:http://www.parallelworld-lovestory.jp/