海宝直人が第46回菊田一夫演劇賞を受賞するというニュースが届きました。

多岐にわたる活動に注目!

海宝直人は、7歳の時『美女と野獣』のチップ役で舞台デビュー。1999 年『ライオンキング』初代ヤングシンバ役に抜擢され、同役を3年間つとめました。その後も舞台を中心に活動を続け、加藤健一事務所舞台『高き彼物』藤井秀一役、ミュージカル『ファントム』フィリップ・シャンドン伯爵役をはじめ、近年ではミュージカル『レ・ミゼラブル』マリウス役、劇団四季『アラジン』主演アラジン役、そして『ライオンキング』主人公シンバ役として 16 年ぶりに同作品へ出演。子役ヤングシンバが成長後リアルに大人シンバ役として出演するのは世界初とのことで大きな話題となりました。

その他『ジャージー・ボーイズ』ボブ・ゴーディオ役、『ノートルダムの鐘』主演カジモド役、『アナスタシア』ディミトリ役など、子役時代から培われた確かな演技力が高い評価を得て、2018 年 5 月にはロンドン・ピーコックシアターで開幕した「TRIOPERAS」メインキャストとしてウェストエンド舞台デビューを果たしロンドン・ロイヤル・オペラ・ハウスコンサートマスター、ヴァスコ・ヴァシレフもその才能を評価しました。

2020年からのコロナ禍においても、数々の苦難を乗り越えながら主要キャストとして「TOHO ミュージカルラボ」、「イリュージョニスト」、「アリージャンス」などの作品に出演し、堂々務め上げました。
また、アーティスト活動においてもフルオーケストラで挑んだ音楽作品「Break a leg!」 (読み:ブレイク・ア・レッグ)を2020年12月リリースし、その表現力と日本が誇る歌声が幅広い層にリーチしました。

菊田一夫演劇賞は、大衆演劇の舞台で優れた業績を示した作家、演出家、俳優、舞台美術家、照明、効果、音楽、振付、その他のスタッフに贈られる賞であり授賞式は5月20日(木)に東京都内で行われる予定です。

受賞が決定した海宝は、5月8日(土)東京、5月12日(水)大阪にて「CONCERT 2021 Break a leg! with オーケストラ・アンサンブル金沢」を開催します。昨年リリースの作品などミュージカル作品からの歌唱が予定されているとのこと。

最近では、5月2日(日)NHK『はやウタ』や、5月6日(木)に日本テレビ『ものまねGP』に出演決定しているなど、活動は多岐にわたります。

ますます活躍が期待される海宝直人の今後にご注目ください!

公演概要

海宝直人 CONCERT 2021 『Break a leg!』 with オーケストラ・アンサンブル金沢

【東京公演】
公演日時:5月8日(土) 18:00 開場 / 19:00開演
会場:Bunkamuraオーチャードホール(東京都渋谷区道玄坂2-24-1)

【大阪公演】
5月12日(水)18:00 開場 / 19:00開演
会場:ザ・シンフォニーホール(大阪府大阪市北区大淀南2丁目3-3)

各種プレイガイドにてチケット発売中。
お問い合わせ:チケットポート03-6327-3710(平日10:00~18:00)
ホームページはこちら 


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」