4月13日(火)、ネイビーズアフロ・みながわがTwitterを更新。『第56回上方漫才大賞』で新人賞に輝いた喜びを投稿するも、その報告方法に注目が集まっています。

関連記事:大切にしすぎた結果…!? 芸人の“優勝報告”に驚きの声「ついにトロフィーも…」

 

普通じゃない!? 優勝報告に反響

今回みながわは、相方・はじりとの2ショットとともに、「ところで、 3日前、第56回上方漫才大賞新人賞を頂きました」とファンに報告しました。

「ゴム(56)のように伸びていきたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願い致します」と、今回で56回目を迎えたこの大会とゴム(56)を掛け合わせ、意気込みを綴っています。

しかし気になるのは、冒頭の「ところで」というフレーズ。

実は、昨年10月に『NHK上方漫才コンテスト』で優勝を果たした後から現在まで、Twitter上で“優勝報告”を続けているみながわ。今回の投稿では、「つい165日前、第50回NHK上方漫才コンテストで優勝することができました」という自身のツイートを引用しつつ、今大会の受賞も報告。なんと両大会とも、同時並行で“報告ツイート”を行なっていくようです。

ファンからは「おめでとうございます」といった祝福コメントが多数寄せられる中、「切り替わるんかと思ったら両方続けてくださるんですね 嬉しい!」といった、この斬新すぎる受賞報告を喜ぶ声も。

さらに、エハラマサヒロから「いや引き継ぎじゃなしにダブルでいくんかい!!」とツッコミが入ると、みながわは「期待を裏切るわけにはいかないので」とコメントしていました。

優勝報告はTwitterが終わるまで!?

今回『上方漫才大賞』の新人賞という、歴史ある賞を受賞したネイビーズアフロ。発表会当日は会場に入るまでネタを決めておらず、さらに急遽新たなボケを足したのだとか。

「賞レースの漫才中に、ナチュラルに笑ってしまったのは初めて。すごいリラックスしてできてたんやなと思います」とのことで、次なる目標は『M-1グランプリ』だそう。そのためにも、「ペースを変えずに漫才にいそしみたい」と気持ちを新たにしました。

そして、現在も続いている“優勝報告”は、「Twitterが終わるまで続けます」とも宣言していました。

関連記事:かまいたちが念願の上方漫才大賞! 山内「チャン・ドンゴン・ゲン」でブレークしなくてよかった…

 

“優勝報告”には、度々スマイル・ウーイェイよしたかが「おめでとう」と祝福コメントを寄せており、みながわが「よしたかさん!ありがとうございます!めちゃくちゃ嬉しいです」と返信する恒例のやりとりも。14日(水)の投稿で見られたこの掛け合いには、ブラックマヨネーズ・小杉が「もうやめてくれ!」と懇願ツイートを寄せるなど、他芸人をも巻き込む展開となっているようです。

【芸人記事まとめ】


【関連記事】
【激似】すゑひろがりず三島のソックリすぎる“弟”
【話題】ゆりやんの-30kgダイエット法
【祝】野爆ロッシーがマヂラブ野田に次ぐ快挙
【衝撃】アインシュタイン稲田「まさかの第2弾です」
【写真】りんたろー。にファンが抱いた“違和感”
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」