よしもと若手芸人70組が参加してオリジナルTシャツの販売日本一を決める大会『T-1グランプリ』が4月15日(木)から始まり、大会アンバサダーのかまいたち(山内健司、濱家隆一)が、東京・ヨシモト∞ホールで開催された概要発表会見に登場しました。芸人たちが作ったTシャツは、それぞれ趣向を凝らした個性的なデザインがズラリ。イベントには参加芸人たちも登場し、Tシャツ品評会が始まりました。

『Up-T presents T-1グランプリ~アンバサダーかまいたち!吉本芸人大集合!Tシャツバトル!~』と題されたこの大会。吉本興業と、石川・能登で創業84 年の織物メーカー「丸井織物」がタッグを組み、よしもと芸人70組が「よしもとOmO部門」「ヨシモト∞ホール部門」「住みます芸人部門」の3部門に分かれて、Tシャツ販売日本一を決めます。

よしもと芸人たちは、丸井織物が運営するTシャツ、エプロン、スマホケースなどのオリジナルグッズ制作サイト『Up-T』で7月14日(水)までの期間中、自らデザインしたオリジナルTシャツを販売。賞金総額200万円をかけて、戦いの火ぶたが切られました!

濱家のアドリブが「お膳立て」に?

『Up-T』のサイトでは、パソコンやスマートフォンから画像やイラストをアップロードするだけでTシャツやトレーナーのデザインが完成。リーズナブルな価格で1枚単位から、だれでも簡単にオリジナルアイテムを作ることができます。

さらに、自分が制作したオリジナルアイテムを無料で出品して販売することができると聞いた濱家は、「『Up-T』で販売しているTシャツがめっちゃ人気出て、この人すごいやん!っていう注目のされ方もあるかもしれないですね」と感心した様子。

実際、イベントに登壇した丸井織物の宮本米蔵副社長と宮本智行常務から、すでにブランドに採用された例があると聞かされると、「“お膳立てした”みたいになっていますけど、アドリブでしゃべっていますからね!」と弁明して笑いを誘いました。

オズワルド伊藤は妹頼みでTシャツ制作

イベントには、Tシャツバトル『ヨシモト∞ホール部門』に参加するZAZY、コットン(西村真二、きょん=4月からコンビ名をラフレクランから改名)、レインボー(ジャンボたかお、池田直人)も登場。3カ月間でいちばん多くTシャツを売り上げた芸人に賞金30万円が贈呈されるということで、芸人たちもノリノリです。

「(参加資格の変更で)『R-1』に出られなくなった芸人は、まず『T-1』に出るでしょうね」と“分析”する山内に、濱家も「(R-1常連だった)ヒューマン中村さんにおすすめしたい」とカブせます。

今回、販売される芸人たちのオリジナルTシャツは、自分の写真を使ったり、ギャグをイラスト化したりと個性あふれるデザインがズラリ。

そんななか、オズワルド・伊藤俊介が販売するのは、前面に大きく「沙莉」と書かれたTシャツ。実の妹で女優として活動する伊藤沙莉にあからさまに“便乗”したデザインに、「妹さんのファンまでも取り込もうとしている」「妹さんの会社から訴えられるぞ」などとヤジが飛びました。

コットン改名は成功か否か…

ここで、かまいたちがお気に入りTシャツを選ぶことに。濱家は、スパイク・松浦志穂のTシャツをチョイス。「おしゃれ。絶対に自分では思いつかないデザイン・色合いですよね。1枚買います!」と絶賛します。

一方、山内は、ダンビラムーチョ・大原優一が制作したTシャツをピックアップ。彼らが漫才中に起こしてしまった“アクシデント”をイラスト化したもので、そのウワサを聞いていた山内は「伝説。これは面白いですよ」と大笑いします。

さらに、この4月からコンビ名を「ラフレクラン」から「コットン」に改名した西村ときょんの話題に。西村は、Tシャツのデザインも「COTTON(コットン)」と、「『T-1』に向けて気合いが入っています!」と意気込みます。

新コンビ名の浸透具合については、「エゴサーチしたら、賛否の“否”が9割5分くらいなので、徐々になじんでいけたら」と西村。きょんも「ラフレクランはエゴサーチしやすかったんですけど、コットンに変えてからは世界中のコットンが……。エゴサーチはやめました」とのこと。

そんな彼らに、山内は「イジりやすくなった」とフォロー。濱家も「コットンはいいと思う。呼びやすいし、2人のイメージに合っている」と優しく声をかけていました。

ZAZYの交際経験は「5人」

イベントでは、なぜかミニコーナー『付き合った人数-1 グランプリ』も。ZAZY、レインボー、コットンの5人の中で、これまでの交際経験がいちばん多いのは誰かを、山内が当てるというゲームです。山内は、多い順から西村、きょん、ジャンボ、ZAZY、池田と予想。ジャンボについては「たまに大物女性に惚れられるタイプ」と考えて3番目に、イケメンの池田については「少ないと思う。付き合うとかに興味がなさそう」と見立てると、濱家も「めっちゃ少ないと思う。性のにおいがしない」と同調しました。

結果は、きょん(9人)、池田(8人)、西村(7人)、ジャンボ(5人)、ZAZY(5人)。池田は「申し訳ないです! 僕、すぐ付き合うんですよ~」と弁明して笑いを誘います。また、ナゾの多いZAZYが5人と交際していることに驚きの声が挙がると、「(5人の)うち3人はファンです。ZAZYを知らない人にZAZYを説明するのに3カ月いるので、知ってくれている方のほうが早いんです」と説明しました。

『Up-T presents T-1グランプリ~アンバサダーかまいたち!吉本芸人大集合!Tシャツバトル!~』は特設サイトで7月14日(水)まで開催中。サイトからは、参加芸人にSNSで応援メッセージを送ることもできます!

『Up-T』の特設サイトはこちらから。

 


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」