田村淳の書き下ろしノンフィクション 『母ちゃんのフラフープ』が5月31日(月) 全国にて順次発売されるというニュースが届きました。

きっと家族に会いたくなる1冊!

出典: ブックマン社

2020年8月。コロナ禍の中、がん終末期で入院中の母・久仁子は、72歳の誕生日をどうしても自宅でお祝いしたいと願う。痛い、苦しいと言ったら、一時退院の許可が下りないかもしれないと考え、最後の力を振り絞る。久仁子は、一切の延命治療を拒否。尊厳死宣言書を残し、自分の最期を決めていた。

まだ生きていてほしい。
だけど……旅立つ本人の希望を、息子は、夫は、どのように受け入れたのか?

~どの家族のお別れも、「世界に一つだけの物語」~
田村淳 慶応義塾大学大学院2020年度修士論文も一部抜粋して収録されています。

最後に言わせてくれ。「あなたの子どもでよかった」と

親が死ぬのはずっと先のことだと思っていた……。だけど、その日は容赦なく訪れる。そのときどんなお別れができるだろう?
僕は、この世から心のこりをなくしたい。

田村淳が渾身の思いで綴った、母との別れの物語。

誰もがそうとは言わないが、親とは二回、別れがある。
一度目の別れは、子どもが実家を出ていくとき。
二度目の別れは、親がこの世を出ていくときだ。

やがて和室に僕と母ちゃんのふたりだけになった。
「帰って来られてよかったな、母ちゃん」 母ちゃんは、しばらく黙ったままだったが、ふいに目を開けた。
「あつし」
「うん?」
「あした、病院に、戻らんといかんでしょう。このままここで死んだら、お父ちゃんに、迷惑、かかるし」
「そんなことを言うのはまだ早いんじゃない?」
ううん、と母ちゃんは小さく首を横に振る。
「もうしんどいわ。次に病院に戻ったら、痛み止めのモルヒネ、どんどん打ってもらう。今しか、ない。だから、なんでも言っておいてな」
強い瞳で僕を見る。
ヘンだな。いざ母親と向き合うと、何を話していいのか思い浮かばない。僕は喋りを商売にしているくせに。本当は山のように話したいことがあるはずなのに。

本書「プロローグ」より

ぜひチェックしてみてくださいね。

書籍概要

『母ちゃんのフラフープ』

出典: ブックマン社

著者:田村淳
四六判並製/256頁
定価:1,540円
発売日:5月31日(月)

田村淳(たむら・あつし) プロフィール

タレント。1973年、山口県下関市生まれ。
1993年、田村亮と「ロンドンブーツ1号2号」を結成。
バラエティ番組や経済・情報番組などレギュラー番組多数。
2019年4月、慶応義塾大学大学院メディアデザイン科に入学。
2020年8月より、遺書を動画にして、大切な人に想いを届けるサービス「ITAKOTO」ローンチ。2021年3月、同大学院を卒業。


【関連記事】
【激似】すゑひろがりず三島のソックリすぎる“弟”
【話題】ゆりやんの-30kgダイエット法
【祝】野爆ロッシーがマヂラブ野田に次ぐ快挙
【衝撃】アインシュタイン稲田「まさかの第2弾です」
【写真】りんたろー。にファンが抱いた“違和感”
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」