3月15日(金)より全国公開となる映画『Bの戦場』のプレミア上映会が、2月7日(木)、ユナイテッド・シネマ豊洲にて開催されました。主演のガンバレルーヤ・よしこを筆頭に、相方のまひる、速水もこみち、大野拓朗、有村藍里、おのののから出演者と、並木道子監督が登壇し、撮影秘話や作品の見どころなどを紹介しました。

『Bの戦場』は、誰もが認める“絶世のブス”である香澄(よしこ)が、自らの結婚を諦め、ウェディングプランナーとして働く中、イケメン上司・久世(速水もこみち)とフラワーコーディネーター・武内(大野拓朗)から好意を寄せられるというラブストーリー。よしこは今作で初演技に挑み、初主演も果たしています。

普段とはがらりとイメージを変え、ピンクのドレス姿で会場に現れたよしこは、観客に手を振りながら笑顔でステージへ。続いて、ブルーのロングスカートにイエローのブラウスという、ドレッシーな出で立ちのまひるがよしこの隣に並ぶと、速水もこみちら他の登壇者たちもステージに上がり、挨拶にうつります。

最初によしこは「香澄役を演じさせていただきました、“小雪”です」と挨拶。観客からひと笑いを取ると、「間違いました。ごめんなさい」と言いつつ、「多部未華子です」とネタを次々と投入。開始早々、会場を沸かせました。

映画初挑戦のよしこ、オファーを「ロンハーのドッキリかと」

撮影が約1年前だったこともあり、速水さんや大野さんと再会については「元彼にあったような気まずさ」とコメント。撮影終了後から今まで会っていなかったのかと問われると、速水さんは「ちょっとそれは……」と言葉を濁し、よしこも「(記者の中に)『フライデー』の方とかいられたら……」と、二人で息の合ったコントのようなやり取りを見せます。

続いてまひるが「謎の女を演じました。よっちゃんの横を通ったり、通らなかったりしてます。それは観てのお楽しみ」と自らの役柄について、意味深に語りました。

よしこは今回の出演をマネージャーから知らされた際、「ロンハーのドッキリだと思った」と回想。撮影に速水が合流したことで、やっと実感が沸いたと振り返りました。速水との初対面については「ホントに王子様だと思った。頭身が異常じゃない。お顔が……」と、スタイルの良さに驚いたと話します。

一方のまひるは、出演シーンが少なかったということで、よしこの演技についての感想をコメント。スクリーンで見る相方の姿に、最初は照れくさく感じたものの、開始5分でその演技に引き込まれ「ホントに素晴らしい女優でした」とベタ褒めします。

よしこも、まひるがプライベートでも積極的にセリフ合わせに付き合ってくれたことを明かし、全面的に協力してくれた相方に感謝を伝えました。

「手を出すな」よしこの女優魂(?)に大野拓郎もタジタジ?

また自称“意識の高いB専”で、好意を持ちつつ香澄のことを“ドブス”と言い放つイケメン上司を演じた速水もこみちは「呼吸が合うのが早かった」と言い、「ピュアなラブストーリーを二人で演じていたので、B専であることは意識してなかった」と、よしこの女優ぶりを褒めます。

撮影で苦労した点を問われると、“顎クイ”をする場面で、よしこの顔の皮脂で手がすべってしまってNGが出たことを暴露し、会場は笑いに包まれます。

そしてもう一人、香澄に想いを寄せるフラワーコーディネーターを演じた大野は、実は撮影が終わってからよしこを何度か食事に誘っているものの、断られていることを告白。よしこは「軽い女だと思われたらダメだから」と言い、大野もよしこ本人から「女優に手を出すな」と言われたと、よしこの女優魂(?)がうかがえるエピソードを明かしました。

最後にまひるは「本当のキレイとは、こういうことなんだと教えてくれる映画でした」と絶賛し、よしこは「見たことのないラブストーリーになっています。私が香澄になって本気で恋をしているので、ぜひ観てください」とPR。登壇者一人一人が、今作に込めた思いを熱く語りました。

監督も「よしこさんが本当に女優としてやりきったと思っています」と太鼓判を押す、映画「Bの戦場」は3月15日(金)より全国ロードショーです。ぜひ劇場で、よしこの女優ぶりを堪能しつつ、まひる探しもしてみては?

映画『Bの戦場』

3月15日(金)より全国ロードショー
出演:よしこ(ガンバレルーヤ) / 大野拓朗 / 高橋ユウ / 有村藍里 / おのののか / 山田真歩 / 安藤玉恵 / 速水もこみち
監督:並木道子(『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『最高の離婚』)
原作:ゆきた志旗『Bの戦場』(集英社オレンジ文庫刊)
脚本:久馬歩(ザ・プラン9)
主題歌:『恋する私は美しい』平林純(フジパシフィックミュージック)
挿入歌:『きっと』ソンジェfrom超新星(YM3D / よしもとミュージックエンタテインメント)
制作:フジテレビジョン / よしもとクリエイティブ・エージェンシー
製作:吉本興業
配給:KATSU-do
©ゆきた志旗 / 集英社 ©吉本興業