4月9日(金)から法務省特設ウェブサイト「大人への道しるべ」にてバイク川崎バイクの特別書き下ろしショートショート小説の公開がスタートしたというお知らせが届きました!

新成人応援企画!!

出典: 法務省特設ウェブサイト「大人への道しるべ」

2022年4月1日から施行される「成年年齢引下げ」の認知・理解促進を目指した広報活動の一環として、バイク川崎バイクが成年年齢引下げをテーマとして書き下ろしたショートショート小説『ヒエラルキーなわたし』が法務省特設ウェブサイト「大人への道しるべ」にて公開されています。

気になるストーリーは?

出典: 野村彩子

『ヒエラルキーなわたし』は、女子高生の主人公が、女子高生としての学校生活での人間関係の悩みやそれまでの人生の悩みや葛藤などを等身大の言葉で語りながら、自分で選択し行動していく難しさなどを考えさせる作品になっています。

法務省特設ウェブサイト「大人への道しるべ」では、成年年齢の引下げによって、2022年4月1日以降、18歳、19歳の方は親の同意がなくても様々な契約を締結することができるようになるなど、様々な影響を受けるようになるということをマンガコンテンツやクイズを通して伝えており、さらに、バイク川崎バイクのショートショート作品『ヒエラルキーなわたし』も新成人応援特別企画として公開されています。

バイク川崎バイクからコメントが届いています。

バイク川崎バイクから皆さんへ

出典: 吉本興業

「法務省さんから小説の執筆依頼がきてます」と言われたときは流石に耳を疑いましたが、BKBが短編小説を書いていることへの広まりも感じ、光栄でしかなかったです。川崎さん達(両親)も手放しで喜んでいると思います。
テーマは成年年齢の引下げにあたる高校生。
BKBも、少し前まで現役高校生と7年ほどロケ仕事させてもらった過去があり、その時に感じたことは、想像以上に皆めちゃしっかりしてる。しかしながら様々な漠然とした不安、他者との関係の悩みなどが、話してみると見え隠れしてました。そのあたりは今も昔も変わらないのだなと。でも不安で当たり前。みんなそう。
この先も、一切の不安が無くなる、なんてことは無いのかもしれません。大人も日々悩んでますもの。
でも考え方一つで、間違いなく楽しく過ごせるようにもなる。小説を目に通してもらい、ミリ単位でもそんな何かを感じてもらえたら嬉しいです。人は悩んで当たり前。その度、BブルーなK気持ちBブッ飛ばしていけますよう!

ぜひチェックしてみてくださいね。

作品概要

特別企画 バイク川崎バイクが贈る 新成人応援ショートショート小説『ヒエラルキーなわたし』
公開日:4月9日(金)
著者:バイク川崎バイク
イラスト:野村彩子
掲載先:法務省特設ウェブサイト「大人への道しるべ」
ウェブサイトはコチラからチェック!


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」