4月8日(木)からスタートする日本最大級のサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』のレギュラー配信に先駆け、無料動画配信サービスGYAO!で『練習生60人決定!レギュラー配信直前予習SP』が配信されています。番組は今後、毎週木曜に更新。今回は、国民プロデューサーがオンライン上で練習生を評価する新システム『オンタクト能力評価』で、101人のなかから選出された60人が発表されました!

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』は、韓国の音楽専門チャンネル「Mnet」で放送され、10~20代の男女に圧倒的な人気を誇る大ヒットサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101』シリーズの日本版第2弾です。書類・実技の選考を通過した101人の練習生が、歌やダンスのパフォーマンスを通して、さまざまなミッションに挑戦。国民プロデューサーによる投票で、最終デビューメンバーを選出します。

2019年12月に最終回を迎えたSEASON1では、101人のなかから選ばれた11人によってグローバルボーイズグループ『JO1』(大平祥生、川尻蓮、川西拓実、木全翔也、金城碧海、河野純喜、佐藤景瑚、白岩瑠姫、鶴房汐恩、豆原一成、與那城奨)が誕生。オリコン週間シングルランキングでデビュー作から2作連続で1位獲得を達成するなど、日本を代表するボーイズグループとして成長を続けています。

101人に伝える「合否」

いよいよ始まったSEASON2では、101人の練習生たちが、1月31日からオンライン上で動画を公開し、それぞれ自由曲(ボーカル・ラップを披露)、課題曲(SEASON1のテーマ曲『ツカメ ~It’s Coming~』のダンスを披露)、1分PR(1分間で自分が考えたアピールポイントを披露)で、自分の魅力をアピールしてきました。

そしてついに、本編レギュラー配信番組に参加する60人の通過者が決定。番組を進行する“国民プロデューサー代表”のナインティナイン(岡村隆史、矢部浩之)が、101人の練習生に、その合否を伝えました。

合格した60人は涙を流して大喜び。その後に行われたインタビューでは、それぞれが熱い思いを語ります。

一方、惜しくも脱落した練習生は、悔しさをにじませながらも「僕たち40人の気持ちと、オーディションを受けて落ちてしまった人たちの気持ち、すべてを背負って頑張ってほしいなって思います」とエールを送りました。

「最終的には全員泣いていると思う」

その後、60人とのパフォーマンス収録を終えたナイナイは、「SEASON1」のときよりもトレーナー陣が厳しくなった印象がある、と言います。

「練習生も、トレーナー陣も、涙することがありました」

矢部がこう報告すると、岡村も「最終的には全員泣いていると思いますよ。われわれ含め、国民プロデューサー含め、現場も含め、最後は(涙して)カメラが揺れていると思います。それくらい熱い『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』になっています」と力を込めました。

番組では、練習生同士が選ぶ「ダンスが気になる練習生ベスト3」、「歌が気になる練習生ベスト3」、「ラップが気になる練習生ベスト3」などが公開されるコーナーも。ライバル目線の評価で作られたランキングは興味深く、彼らの“生の声”を聞けるのも見どころです。ここでは、その一部を紹介しましょう。

「体幹が強いけど、丁寧な踊り方で振り入れも完璧。理想的なダンサー」

「感情があふれていて、歌を聴くだけでその子の世界観に連れて行っちゃう」

「自分のスタイルを持っていて、自分のカッコよさをラップで伝えている」

果たして上位に選ばれたのは誰か!? 4月8日(木)配信開始の本編初回では、練習生のパフォーマンスの様子や60人のランキングも発表予定です!

番組概要

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』本編レギュラー配信

配信日時:4月8日(木)21:00~ (毎週木曜21:00~更新)
※GYAO!は会員登録不要、無料で視聴できます。
6月13日(日)14:00~TBS系で最終回生放送。

出演者
国民プロデューサー代表:ナインティナイン(矢部浩之、岡村隆史)
トレーナー:青山テルマ、KEN THE 390、DA PUMP KENZO 、菅井秀憲、仲宗根梨乃
PRODUCE 101 JAPAN SEASON2練習生

番組特設サイトはこちらから。


【関連記事】
【話題】山田花子、息子を公開
【共感】“こがけんさんって”…発言に「私も思ってました」
【写真】ぼる塾あんりに「痩せた」の声
【衝撃】月亭方正の「男前」な別人級ショット
【激似】ノンスタ石田家の三姉妹「そっっっくりです」
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」