ユーザー共創型ゲーム「スーパー野田ゲーPARTY」が、ダウンロードソフトとしてNintendo Switchから4月29日(木)に発売されるというニュースが飛び込んできました!

クラファンでゲーム開発


お笑いコンビ・マヂカルラブリーのボケ担当である野田クリスタル。言わずと知れた『キングオブコント』『M-1グランプリ』のWファイナリストです。
ゲーム好きが高じて5年ほど前から自作ゲーム「野田ゲー」を作り始め、お笑いのネタでも使用するようになり、『R-1ぐらんぷり2020』では野田ゲーのうち『もも鉄』、『モンスト(モンモンとするぜストッキング姉さん)』を用いて見事優勝、18代目王者となったのは記憶に新しいところ。
週5ペースで筋トレをしている筋肉芸人としてもラフマガでは紹介していました。

本ゲームはそんな野田クリスタルがクラウドファンディングにて資金を募集し制作しているもの。約1ヵ月半で、目標額400万円に対し達成率339%となる1357万円を集め、約2000人の支援者と共に現在ゲームを開発中です。

M-1決勝ネタ含む全16タイトル

本ゲームには『R-1ぐらんぷり』でも話題になった野田クリスタルの自作ゲーム『もも鉄』(太ももが鉄のように硬い男 てつじ)や『ブロックくずして』、『頼むぜ!!ボルダリング姉さん』をパワーアップさせたゲームの他に、『M-1グランプリ2020』の決勝ネタとなった「つり革」のゲームを優勝決定後に急遽追加し、全16タイトルをラインナップ。
支援者からのアイデアやイラスト、BGMなどを使った、これまでにない「ユーザー共創ゲーム」となっています。

リリース時に公開される全16タイトル中の中から、
『M-1グランプリ』で披露したのち急遽追加したタイトル「つり革」の概要を野田クリスタルに解説してもらいました!

—ゲームの特徴を教えてください。
激しく左右にゆれる電車内で、キャラクターを左右に動かしてバランスをとり、画面から飛び出さないように耐え続ける、シンプルなゲームです。

つり革につかまると数秒だけバランスが安定しますが、つり革は耐久度が低いため、すぐにちぎれてしまいます。

1人用は、何秒まで耐えられるか記録に挑戦します。
2人用は、どちらの方が長く耐えられるかを競う対戦形式です。

—野田さんおすすめポイントを教えてください!
とにかく単純なゲームばかりです。
それゆえに自分の性能を測られてる気がするゲームばかりです。ゲームをやってきた人もやってこなかった人も是非遊んでみていただきたいです。

今後、支援者がつくる本ゲームの公式プロモーション動画や、すゑひろがりずが100万円支援のリターンとして参加しているゲームタイトルの内容などが発売に向けて順次公開されていくとのこと。

是非注目してくださいね!


【関連記事】
【話題】山田花子、息子を公開
【共感】“こがけんさんって”…発言に「私も思ってました」
【写真】ぼる塾あんりに「痩せた」の声
【衝撃】月亭方正の「男前」な別人級ショット
【激似】ノンスタ石田家の三姉妹「そっっっくりです」
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」