「遊びと学び」をテーマに親子で楽しめる教育コンテンツを配信する新オンラインサービス『ラフ&ピース マザー』のスタートを記念して、3月20日(土)、21日(日)の2日間、コンテンツのひとつであるオンライン教室の体験イベントが開催されました。2日目は、横澤夏子、もう中学生、ぼる塾(あんり、きりやはるか、田辺智加)、ゆりやんレトリィバァが登場。オンラインで子どもたちと“楽しく”学びました。

『ラフ&ピース マザー』は、自分の“好き”が見つかる動画や、遊びながらいろんな力が身につくアプリなど、何度でも遊んで学べるコンテンツが盛りだくさんのサービス。「遊びと学び」をコンセプトに多彩なコンテンツを配信し、子どもたちの幅広い好奇心を育んでいきます。

21日(日)には、「横澤夏子と一緒に“いろ”の分解実験に挑戦!」「みんなで段ボールアートを作って遊ぼう」「スイーツなかのVSぼる塾 スイーツ対決 -おうちで作れる簡単スイーツ-」「デジタルえほんをつくろう! ゆりやんレトリィバァの落ち着いていきや~」の4本のオンライン教室が開催されました。

コーヒーフィルターで「色」の実験

横澤は、講師とともに「色」をめぐる実験に挑みました。

事前に用意したのは、水の入ったコップ、割りばし、はさみ、コーヒーフィルター、水性ペンなど。実験は、水性ペンで模様を書いたコーヒーフィルターをコップに浸すとどうなるか? というもので、オンラインで参加した子どもたちは、その結果に興味津々。

実験中は、子どもたちの個性が飛び出す一幕もあり、横澤も笑顔に。一人ひとりとコミュニケーションを取って触れ合っていました。

教室終了後、横澤に感想を聞くと、こう語りました。

「こんなに子どもたちと触れ合える機会もないし、(コロナ禍で)イベントも開催できなかったので楽しかったです。しかも全国各地から参加できるので、オンラインでお話しできるのもいいなって思いました。私もすごく楽しかったので、またいろいろやりたいなって思います!」

「こちらが学べて楽しかった」

続いて、子どもたちの質問に答えながら楽しく作業したのは、もう中学生。今回は彼が先生となって、持ちネタの『犬ゲーム』をみんなでやることになりました。

「まる」と書かれたウチワを持ったもう中学生が、段ボールに描かれた犬の前に立ち、ウチワを犬の前にかかげると「まる!」、離すと「ワン!」と参加者が叫ぶコール&レスポンス型のゲームです。

さっそく、段ボールに犬のイラストと「まる」と書かれたウチワを作り始める子どもたち。

作業中、「なんで工作が上手なんですか?」と聞かれたもう中学生は、芸人を志したときに工作を始めたのがきっかけだと答えます。「上手じゃないですけど」と前置きしながら、「ちょっとずつでもいいから、毎日工作をやっていたの。それを十何年やっているから、なんとなくコツをつかんでいきました。最初からうまくできるわけじゃないから、積み重ねていけば上手になると思うよ!」と声をかけました。

最後は、みんなで楽しく『犬ゲーム』。初めての教室を終えて、もう中学生はこう語ります。

「とってもお勉強できました。こちらが学べて楽しかったです。私自身も小学生の生の声や生の反応が見られて、うれしかったですね。みなさんが楽しくしていただいたのがありがたかったですし、明日からのエナジーをいただけた感じです。またお返しできるように頑張りたいです」

ぼる塾は「スイーツ対決」

ぼる塾が参加した「スイーツ対決」では、スイーツ芸人のスイーツなかのが講師役となって、コンビニやスーパーで買えるフィナンシェやクリームチーズなどを使ったレシピが紹介されました。

ある隠し味を加えた際には、きりややあんりが「おいしい!」「最高ですね」と舌鼓。田辺も「美味しい。やばい!」と絶叫します。

そんな田辺は、自分のプライベートでよくやっているという「アイス」と「きなこもち」を合わせたレシピを公開。きなこを余らせたくないという田辺渾身のレシピに、あんりも「夜ごはんのデザートにいいですね。ぜいたくな気分になる」と舌を巻いていました。

教室終了後、なかのは「(スイーツに詳しい)田辺が『おいしい』って言ってくれて嬉しかったし、あんりもきりやもテンション高くやってくれたんでよかったです」と手ごたえを感じた様子。

きりやも「スイーツ女王(田辺)とスイーツ王子(なかの)のおかげで、スイーツ界の革命が起こりました!」と興奮気味。さっそく、「今度はパティシエをゲストに呼ぼう」と次回のアイデアを出すと、あんりも「なかのvs田辺vsパティシエ。私たちが審査員」と、さらなる“対決”の場を提案。田辺は「誰がどれを作ったのか見せないでやりたいです」と意気込んでいました。

ゆりやんが「落ち着いていきや~!」

ゆりやんレトリィバァは、「デジタルえほん」づくりのコーナーに登場。

子どもたちが「いま頑張っていること、頑張りたいこと、楽しみにしていること」というテーマで絵を描き、スクリーンショットで撮影。その画像にゆりやんのイラストのキャラクターが登場し、「落ち着いていきや~!」と応援するというものです。

子どもたちが絵を描いている間、ゆりやんの幼少期エピソードが明かされたり、モノマネをしたり、あっという間に時間が過ぎていきます。最後は、みんなが描いた絵にゆりやんが直接、「落ち着いていきや~!」と声をかけていました。

教室終了後、ゆりやんはこう振り返りました。

「Zoomで繋いだ教室は“いまならでは”ですし、(ラフ&ピース マザーは)いろんなジャンルを学べるのでいいなって思いました。私が子どもだったら、『屁のこき方教室』にいきたかったです(笑)」

『ラフ&ピース マザー』のサービスは、広告や不適切なコンテンツが表示されないため、子どもに渡しても安心。会員登録日から30日間は、さまざまなコンテンツを無料で体験することができます。

サービス概要
『ラフ&ピース マザー』
サービス内容:「遊びと学び」をテーマとした知育・教育の動画やアプリのVODサービス、生配信の参加型オンライン教室サービス
料金形態:無料ダウンロード(アプリ内・WEB課金あり)

オフィシャルサイトはこちらから。


【関連記事】
【激似】すゑひろがりず三島のソックリすぎる“弟”
【話題】ゆりやんの-30kgダイエット法
【祝】野爆ロッシーがマヂラブ野田に次ぐ快挙
【衝撃】アインシュタイン稲田「まさかの第2弾です」
【写真】りんたろー。にファンが抱いた“違和感”
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」