3月18日(木)、ネルソンズ・青山フォール勝ちがTwitterを更新。妹が“ある野菜”を放置してしまったとのことで、その後の展開に注目が集まっています。

関連記事:「あな番」ついに真犯人特定!? ネルソンズ和田が大胆予想「めちゃ簡単でした」

 

黄色い花の正体は…

青山は今回「妹が教えてくれた」というコメントとともに、家族とのグループLINEのスクリーンショットを投稿。そこには、妹からのメッセージと思われる「ほっといたら花咲いた」という一言と、1枚の写真が。

写真には黄色の小さな花が咲き誇っている様子がおさめられており、パッと見た雰囲気はまるで菜の花のよう。しかし写真をよく見てみると、根の部分にはなんと“白菜”が……。

妹からのメッセージはさらに続き、気付いたときにはどうしようもなくなっていたのか、「途中から諦めて咲くまで待ってみた」とのこと。確かに、茎の部分は要した日数を感じるほど太く、かなり立派に育った様子。何枚も重なった白菜の葉を押しのけるかのように、力強く伸びているようでした。

■投稿はコチラ

 

切ないオチに先輩芸人からも「上手い」

白菜の驚くべき行く末を報告した青山は、実は元・レスリング日本代表という過去を持っています。そんな青山が以前、自身の“前歯”に関するエピソードを投稿した際には、さまざまな反響が寄せられました。

そのエピソードとは、20歳の誕生日にレスリングの練習で「自分の前歯が自分の膝に突き刺さり前歯が折れた」というもの。それから15年が経ち、綺麗な差し歯に変えようと歯医者に行ったところ、なんと15万円もの金額がかかることが判明したのだとか。この事実に「心が折れた」とコメントした青山に、ファンから「和田さん、前歯3本持ってきて!」といった反応が寄せられたほか、先輩芸人であるグランジ・大からも「上手い」と称賛のコメントが届いていました。

関連記事:誕生日に「前歯が膝に突き刺さり…」元レスリング日本代表芸人の衝撃エピソード

 

普段目にするものとは全く異なる状態の白菜を投稿した青山。蛙亭・中野が寄せた「フォントが嫌です」という反応には、「そこじゃねぇんだよ」と返信する一幕もありました。

【芸人記事まとめ】


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」