3月13日(土)、『YOUth2030』YouTubeチャンネルにて『第2回 関西SDGsユース・ミーティング』が配信され、浅越ゴエが審査員として参加しました。
国連で採択された、持続可能な開発目標=SDGs(SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS)達成に向かって活動する若者(YOUth)を、関西から応援する本イベント。当日は、『関西SDGsユース・アイデアコンテスト2020』の表彰式と、SDGsについての学びを深めるワークショップが行われました。

準グランプリ2作品の発表!

『関西SDGsユース・アイデアコンテスト2020』とは、「SDGs達成のために、私たちができることのアイデア。または実施しているアクションについて」というテーマのもと、関西の学校に通う小学生以上の子ども・学生(小中高大・専門学校)たちが、“自分たちができることは何か”という視点から、さまざまなアイデアを持ち寄り参加するコンテストのことです。小学生部門、中学生部門、さらには企業賞など、テーマ別の発表が行われる中、浅越は『関西SDGsユース・アイデアコンテスト2020』の準グランプリとグランプリの発表を担当しました。

準グランプリ1組目は、大学生・専門学生の部から『行動を共通言語に!「今日からできるSDGs」ダイアリー』制作チームの皆さん。喜びの声を問われると、代表者2名は「昨年も応募したんですけど、こうして準グランプリに選ばれてすごく嬉しいです。ありがとうございます」とコメント。SDGs達成に向けての今後の目標については「SDGsをもっと身近に、そして自分たちの行動に繋げられるように、今後もSDGsの行動推進をしていきたいです」と掲げていました。
準グランプリ2組目は、小学生の部から『蛍の光の仕組みを電気に』の盛岡理人さんが受賞。盛岡さんは「すごく嬉しいです。賞を獲れると思っていなかったのでビックリしています。学校の授業でプレゼンをしたこともありましたが、コンテストで自分のアイデアをまとめて人前で発表するのが初めてだったので緊張しました。いい経験になりました」とコメント。将来的には、自身が考えた『蛍の光を電気に変える仕組み』を開発し、世界のエネルギー問題を解決したいと意気込みました。

絵本を通して親子で“ジェンダー”を考える

グランプリは、大学生・専門学生の部より『親子で学ぶ、ジェンダーバイアスに気づく絵本』を制作したチームSUISUI。
こちらは、SDGsの17の目標から「ジェンダー平等を実現しよう」「人や国の不平等をなくそう」に該当する考えを表した制作物。日本は、世界に比べて男女格差が激しく、ジェンダーに縛られて考えていることに意外と気づいていない。そこで、チームSUISUIのみなさんは、日常に潜むジェンダーバイアスに気づく力を養うことを目的に、“親と子ども”2つの視点で学べる絵本『スイスイどこへいく』を制作しました。

この絵本は、主人公であるスイカのスイスイが自分の居場所を求めて海を旅する物語。スイカは一般的に果物という認識ですが、じつは野菜の一種。スイスイは、自分が果物なのか野菜なのか、ほかの果物や野菜に訊ねながら旅をします。最後には、自分らしさを認めてくれる世界こそが、自分が望んでいた居場所だと気づくいうストーリーになっています。
ボーダーレスを謳うこの絵本は、今後シリーズ化を目指しており、学校や図書館に置いてもらうことを目標にしているそうです。受賞の気持ちを問われた代表者は、以下のようにコメントを残しました。

「グランプリを獲れると思っていなくて、達成感と嬉しさでいっぱいです。今回、ジェンダーを軸に物事を見るということだったんですけど、気づいていないだけで傷ついている人がいたり、自分がモヤモヤしていたりすることは、ジェンダー問題だったんだと知ることができました。勉強して良かったと感じています」

超大作の数々にゴエも感動!

浅越はグランプリ受賞作について「ジェンダーって教えるんじゃなくて、自然に身につけるものなのかもしれません。そういった部分で最適なツールが絵本ですよね。絵本は、子どもも読めば、親も読む、という2つの世代にアプローチできると気づいた点が素晴らしかったです。絵本の内容もうまくジェンダーの話に落とし込めていますし、文句なしのグランプリだと思います」と語ります。

最後にグランプリの講評については「どのアイデアも素晴らしいアイデアでした。審査するときに、真剣に悩みましたし、とても楽しませていただきました。ありがとうございました!」と述べていました。
『第2回 関西SDGsユース・ミーティング』の様子はYouTubeチャンネルにアーカイブが残っています。ぜひご覧ください!

『第2回 関西SDGsユース・ミーティング』

公式サイトはこちらから!
YouTubeアーカイブはこちらからチェック!



【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」