関西の若手芸人のなかでも今一番勢いを感じさせるコンビの1つ、見取り図。
彼らの初冠番組『ろくでなしミトリズ』がスタートします!

放映に先駆け、5月14日(火)、よしもと漫才劇場で初の公開収録が行われました。ステージには人気漫画家、森田まさのり先生の手による特大イラストも設置されています。

モチーフは高校!ということで…

ステージセット「ろくでなし工業高校」の校門から、学生服姿の盛山とリリーの2人が登場すると会場からは大きな拍手が起こります。

「一見なんの役にも立たない事柄に全力で挑む放課後感たっぷりの青春あたおかバラエティ」であることが盛山から告げられると、さらに大きな拍手が。

オープニング企画は『タイマン見取り図!○○はどっちなんや!』。
ある異名にふさわしいのはどちらか、見取り図の2人が対決し、その異名を勝ち取っていくというもの。盛山の地元での異名やその理由が明かされると、スタートから盛り上がる会場。『記憶画の鬼』、『暴走昇り龍』という2つの異名をゲットすべく、2人が争うシーンも。

今回のゲストはM-1チャンピオンの笑い飯、とろサーモンの2組。トークでは、盛山が「M-1を取るためにやっていた願掛けは?」と質問します。笑い飯の2人はいっしょにある場所へ行っていたという意外なエピソードを明かしますが、それを止めることになったまさかの理由を披露。
とろサーモン・村田は、千鳥・ノブから聞いたある方法を実践したそうですが、まったく効果がなかったと語ります。
リリーからの「SNSで炎上したときの対処法は?」という質問には、炎上経験のある久保田が最近の出来事も含めたエピソードトークを展開、会場を盛り上げました。

しょーもないゲームで対決!?

続いての『三つ巴!しょーもな放課後ゲーム対決!』は、まず『鈴鳴らさず台降り対決!』。立ち見も出ている劇場が静まり返るなか、久保田、哲夫、リリーがチャレンジしました。
村田のモノマネが爆笑を生んだ『だんだんモノマネ対決!』、西田が運動神経悪い芸人の本領を発揮しまくった『トランポリンドラ鳴らし対決!』など、どのコーナーも爆笑の連続。収録は大盛り上がりで終了しました。

『ろくでなしミトリズ』は、大阪チャンネルが6月5日(水)から、GAORAでは6月21日(金)16:30から初回放送がスタート。2回目以降は大阪チャンネルが6月19日(水)、7月3日(水)、7月17日(水)、GAORAが7月5日(金)、7月19日(金)、8月2日(金)の放送予定となっています。関西若手コンビ、最注目の見取り図の活躍から目が離せません!

【芸人記事まとめ】