3月23日(火)19:00から放送される千原ジュニア主演ドラマ『新・ミナミの帝王~銀次郎の愛した味を守れ!』に出演する女優の若月佑美からコメントが届きました。

ミナミの金貸しが主人公のヒューマンドラマ

出典:関西テレビ

『新・ミナミの帝王』は、原作・天王寺大、萬画・郷力也の漫画『ミナミの帝王』(週刊漫画ゴラク連載中)を実写化した作品で、借金をどんな手を使ってでも取り立てることから“ミナミの鬼”と恐れられている千原ジュニア演じる大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎が主人公のヒューマンドラマ。2010年の放送スタートから11年目、シリーズ第20作となる今作『新・ミナミの帝王~銀次郎の愛した味を守れ!~』は、初のゴールデン帯で放送されます。

第20作の「銀次郎の愛した味を守れ!」は、銀次郎が通う小さなビストロを舞台にコロナ前、コロナ禍そしてコロナ後のミナミを描くストーリー。
若月は、銀次郎と弟分・坂上竜一(大東駿介)が行きつけの喫茶店「エリエート」のウエイトレス・薄井翠役。翠は、愛想はないが物怖じしない性格で銀次郎から調べ物を頼まれるなど陰ながら銀次郎をサポートしていきます。

若月佑美からコメントが届いています。

若月佑美から皆さんへ

出典:関西テレビ

――関西色の濃い『新・ミナミの帝王』に参加された感想をお聞かせください。
若月 『ミナミの帝王』という作品名を聞いたときは、正直、怖いのかなと思ったんですけど(笑)。
まず現場が明るくて、笑いが絶えなくて。台本を読むと現実とリンクするところもたくさんあったりもしていて。この作品に参加させていただく事ができてうれしいです。

――関西弁が飛び交う現場でしたが大丈夫でしたか(笑)?
若月 私は関西弁じゃなくてもいいのに、つられたところがあってNGが出て、もう一回撮り直しをしました(笑)。

――これまで関西弁の役の経験は?
若月 ないですね。長崎弁や広島弁はあるんですけど関西弁はないので、いつかは挑戦してみたいです!
皆さん流ちょうでしたから、これは(ぜひ)と思って(笑)。

――今回は、喫茶エリエートのウエイトレス・薄井翠という役でしたが、この役を演じるにあたって、事前に準備されたことなどありますか?
若月 ウエイトレスというのは今回が初めてだったんですけど、“初めて感”は絶対に出してはいけないですし、“いつもの日常感”を出せるようにと思って、コーヒーを出したり下げたりする時、スムーズにできるように、家で練習していました(笑)。あとは、カップの持ち手をお客様に合わせて向きを変えるようにとか……大東さんが左利きだったので、その時はそれに向きを合わせるようにスッとするのが、翠っぽいかなと思ってやってみました。

――それは現場で指示があったとかではなく?
若月 (自分で)勝手にやらせて頂きました(笑)。

――今回この『新・ミナミの帝王』はテレビシリーズ20作目です。これまで持っていたこの作品の印象、そして参加されて印象が変わったことなどあれば教えてください。
若月 翠を演じるにあたって、これまでの作品でエリエートのシーンを中心にいくつか見たんですけど、ただおもしろいというだけではなく、お金に関する“黒い”部分も取り上げたり、人の“情”ということにも触れたりしていて、考えさせられる部分もありました。それに、「エリエート」で働く女の子はかわいいなってずっと思っていたので、そこに自分が入るのは大丈夫かなって心配でしたけど、この作品の一員になれたことがうれしかったです。

――萬田銀次郎役の千原ジュニアさんとは初共演?
若月 そうなんです。他の番組でもなくて。ジュニアさんのオーラがすごかったです! ジュニアさんって思う前に、目の前に銀次郎がいる!って思いました(笑)。実際にお会いしたら、背がとても高くて、スラっとしていて、カッコいいなって。(これまでは)お笑い芸人としてのジュニアさんの印象しかなかったので。

――大東さんとの共演はいかがでしたか?
若月 めちゃめちゃムードメーカーです! 私は人見知りなんですけど、気さくに話しかけてくださって。翠といつも「エリエート」に来ている常連さんという関係性、雰囲気を作りやすくしてくださって、本当に感謝しています。

――撮影中、笑いが絶えませんでしたね(笑)。
若月 ほぼ大東さんです(笑)。関西弁ならではのアドリブを入れてくださって、楽しい現場でした。

――視聴者、ファンの皆様にメッセージをお願いします。
若月 今回の『新・ミナミの帝王』は、コロナのことにも触れていたり、誰しもが経験したことがあったり、言葉にしたいことが出てきたりとか、リンクすることが多いんじゃないかと思います。その中にも笑いがたくさんあって……フィクションのようなリアルなような、そんなところを楽しんでいただければステキなんじゃないかなって思います。

――ご自身のアピールもぜひ!
若月 いや~、私はもう……新しく入った店員をよろしくお願いします(笑)。

気になるストーリーは…?

出典:関西テレビ

萬田銀次郎(千原ジュニア)は大阪ミナミの金貸し。その“トイチ”と呼ばれる法外な利息をあえて払い続ける顧客がいました。
それは、小さなビストロを営む竹田花男(駿河太郎)と妻の杏子(小島藤子)。10日に1度は利息の回収に来店し、花男の料理をおいしそうに味わう銀次郎の存在が夫婦の張り合いだったのです。

3年前、銀次郎の弟分・坂上竜一(大東駿介)に連れられて初めて店を訪れた杏子は、料理の腕に惚れ込んで花男にプロポーズ。花男の亡父の後妻・光子(羽野晶紀)、義母弟の晃(田中尚樹)からの嫌がらせに耐えながら必死に夫を支え、店を繁盛させます。
そんななか、パンデミックが世界を襲い、ミナミの街にも大打撃が。この危機をなんとか乗り越えた花男と杏子でしたが、その数年後、不動産投資詐欺に引っかかり、店を失ってしまいます。
ミナミの多くの店主が同じ被害に遭い、銀次郎はその黒幕の鼻を明かす大勝負に打って出ます!

おたのしみに!

番組概要

新・ミナミの帝王~銀次郎の愛した味を守れ!~
放送日時:3月23日(火)19:00~20:59(関西ローカル)
出演者:千原ジュニア、大東駿介、赤井英和、小島藤子、駿河太郎、羽野晶紀、若月佑美、円広志、東幹久ほか


【関連記事】
【激似】すゑひろがりず三島のソックリすぎる“弟”
【話題】ゆりやんの-30kgダイエット法
【祝】野爆ロッシーがマヂラブ野田に次ぐ快挙
【衝撃】アインシュタイン稲田「まさかの第2弾です」
【写真】りんたろー。にファンが抱いた“違和感”
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」