2013年から3代目宮城県住みます芸人に就任し、地域に根づいた活動を行ってきたバクコメ。
2人が、宮城県仙台市出身で仙台市に慈眼寺を建立した塩沼亮潤大阿闍梨のオンライン講演に参加するというニュースが届きました!

大阿闍梨に聞く

慈眼寺は塩沼亮潤大阿闍梨が修験道発祥の地奈良県大峯山において一日48キロを歩く『大峯千日回峰行』と九日間飲まず・食べず・寝ず・横にならずの『四無行』を満行し、仙台市秋保の地に開山されたお寺。
このたび、1999年に「大峯千日回峰行」を満行、2000 年に四無行を満行し、大阿闍梨になった同寺の住職・塩沼亮潤が、3月14日(日)13:00~14:30にONLINEチケットよしもとで講演を開催することが決定しました。
「大峯千日回峰行」とは、奈良県吉野山にある金峯山寺蔵王堂(354m)から24㎞先にある山上ヶ岳(1719m)頂上にある大峯山寺本堂まで、標高差1355mある山道を往復48㎞、1000日間歩き続ける修行です。
毎年5月3日から9月3日まで年間4ヵ月が行の期間と定められ、9年の歳月がかかるのだとか。

そんな塩沼亮潤大阿闍梨のイベントに臨むバクコメからはコメントが届いています!

出典: 吉本興業

半澤弘貴から皆さんへ

大偉業を成し遂げ続ける塩沼亮潤さんに知りたい事をどんどん伺いたいと思います。
チャット機能で届いた視聴者の皆様からの質問に塩沼さんが答えていくコーナーもありますので皆様のご参加お待ちしております!

秀作から皆さんへ

あれまぁ! 塩沼亮潤さんのお話を聞けるだけでなく、視聴者の皆様から質問もできてしまうというオンラインならではのイベント! 塩沼さんと視聴者様を繋げる役割、頑張りますよぉ!

 

当日は、バクコメが参加して視聴者の皆さんからの質問にお答えする時間も設けられています。
1991年5月3日より述べ4万8000キロを歩き、1999年9月3日に大峯千日回峰行を成満されたという塩沼亮潤大阿闍梨が東日本大震災から10年、今の世の中をどうとらえているかを是非ご視聴ください。

是非お楽しみに!

イベント概要

塩沼亮潤大阿闍梨オンライン講演
日時:3月14日(日)13:00~14:30
チケット:発売中
チケット購入詳細はこちらから!

出演者:塩沼亮潤大阿闍梨(慈眼寺住職)、バクコメ(3代目宮城県住みます芸人)
塩沼亮潤大阿闍梨プロフィールの詳細はこちらから!
バクコメプロフィールはこちらから!

【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」