デニス(植野行雄、松下宣夫)が心霊スポットなどを訪れるYouTubeチャンネル『デニスの怖いYouTube』。「売れてる芸能人には霊が憑いている」ことを前提に、“霊に憑かれよう”と試みるチャンネルです。

以前、“廃神社”を訪れた際に、なんと霊に憑かれたという植野。今回の動画ではその理由に加え、まさかの新事実が判明します。

関連記事:霊に取り憑かれにいく!? 新感覚の『デニスの怖いYouTube』が「怖おもろい」!

 

植野の周りに3体の霊が…!

今回はデニスのほか、“霊視芸人”であるシークエンスはやともが登場。霊が視えるはやとも同席のもと、“廃神社”を訪れた際のVTRを検証。元々霊に憑かれにくい体質という植野が、なぜ憑かれてしまったのかを説明していきます。

まずは1人で廃神社の本堂に入る植野。しかし外に出てきたかと思えば、「めっちゃまぶたが落ちてきて、気になる」と主張。そんな謎の現象に襲われた植野に、はやともは「心霊スポットでまぶたが重くなるのは気をつけたほうが良い」と忠告します。

また、植野が1人で本堂を散策している映像には、腕のようなものがくっきり映っている場面も。この映像に、はやともも思わず「これはすごいですね……」と息をのみます。

松下も「想像以上に“腕”感がすごい」と、この映像に驚いた様子。はやともは「ずっと(霊が)結構いる」と、植野の周りに霊が集まっていたと解説。なんとこのシーンには、3体もの霊が映っていたと明かされました。

衝撃の新事実判明

そして、はやともは「周りにいる人たちが、今くっついてきたまんまなんで」と、この瞬間から植野に霊が憑いてしまったのではないかと推測。

はやともいわく、“腕”の正体は廃神社にイタズラをした人物で、なんと植野のファンの可能性があるとのこと。テレビで見たことがある植野に憑いて、「こっち来い」と呼んでいたのではないかと分析します。

これを受け、「俺のこと好きなのは、西日本に2人だけよ」と訴える植野。一方の松下は「街中で若者が“オイオイ写真撮ってくれよ”みたいなノリに近いってことやんな」と妙に納得した様子を見せます。植野が霊に憑かれた原因がわかり、どことなく嬉しそうな松下に、植野は「マジでムカつく!」とコメントしていました。

また、冒頭で植野がまぶたが重くなった現象について、はやともから衝撃的な発言も。「かなり異常なことが起きている」と説明すると、植野と松下は「すごいな」と震え上がっていました。

■植野が霊に憑かれた理由を解説! 動画はコチラ

 

霊視芸人であるはやともから、驚きの解説がなされた今回の動画。ファンからは「手の霊の消え方のところ怖すぎた鳥肌すごい」「もういい歳なのに怖すぎて泣いてしまった…」などとコメントが寄せられていました。

『デニスの怖いYouTube』

チャンネルはコチラ

【芸人記事まとめ】


【関連記事】
【激似】すゑひろがりず三島のソックリすぎる“弟”
【話題】ゆりやんの-30kgダイエット法
【祝】野爆ロッシーがマヂラブ野田に次ぐ快挙
【衝撃】アインシュタイン稲田「まさかの第2弾です」
【写真】りんたろー。にファンが抱いた“違和感”
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」