5月15日(水)、TOHOシネマズ六本木にてアニメーション映画『プロメア』完成披露試写会が開催され、ケンドーコバヤシ、松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人、古田新太、佐倉綾音、今石洋之監督、脚本を手がけた中島かずき氏が登壇しました。

本作は、突然変異で誕生した炎を操る人種(バーニッシュ)の出現により、全世界の半分が焼失。30年後、バーニッシュの一部が再び世界に襲いかかり、ガロ・ティモス(松山)らが立ち向かうが……という物語。人気アニメシリーズを手がけた今石監督と中島氏のタッグということで、公開前から話題となっている作品です。

気になるケンコバの役どころは?

今回、ビニー役を演じたケンコバ。事前に台本を読み、気合を入れて臨もうとしたそうなのですが「観ていただいたら分かるんですけど……(セリフが)白紙やったんですよ」と振り返ります。

「セリフがないのに呼ばれて、僕は一体何をやるんだ?」と戸惑ったと言い「収録が終わった後はパンツがビショビショでした」とケンコバ流に回顧。会場の笑いを誘います。しかし今石監督は、ケンコバが務めるキャラクターについて「とても重要な存在」とフォローしていました。

堺と早乙女の声はムラムラする?

早乙女は、松山がリハーサルから全力投球だったことを振り返ります。「俺のセリフのシーンまで叫んでいた」と暴露すると、松山は「太一くんは(声に)色気があって、男性なんですけど、ムラムラするというか」と弁明(?)。早乙女が、返す刀で「気持ち悪い!」と苦笑いを浮かべると会場は爆笑に包まれました。松山は堺についても「(役が)二面性あって、そういうところもムラムラしている。それを消すかのように叫んでいたんだけどね」と理由を述べました。

ケンコバと古田の声の演技については「演っている人は分かるんだけど、実際観ていて(2人が演じているとは)分からなかった」と言い、「天才なんじゃないかなと思いました」と驚いたことを明かしました。

「こうじゃなきゃ」が詰まったアニメ

最後にケンコバが「“こうじゃなきゃ”って思うようなアニメになっていると思います」と作品の魅力をアピールし、堺は「収録が終わった後、松山くんは寝込んだそうです。皆さんもぜひ寝込んでください」とユニークに宣伝していました。

映画「プロメア」は5月24日(金)、全国ロードショー予定です。ケンコバの声にも注目してご覧ください!

映画『プロメア』

公開日:5月24日(金)
声の出演:松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人、ケンドーコバヤシほか
監督:今石洋之
公式サイト:https://promare-movie.com/