朝日新聞社が運営するブック情報サイト『好書好日』で人気連載中の「フルポン村上の俳句修行~わかったつもりでごめんなさい~」が書籍化され、春陽堂書店より4月1日(木)に刊行されることが決定しました!
そして、刊行記念オンラインイベントとして、3月28日(日)に「好書好日俳句フェス」を開催し、サイン会とスペシャル句会が配信されます。

出典: 春陽堂書店

俳句と村上の2年間をギュッと濃縮!

2018年10月に開始した連載では、これまでにフルーツポンチ・村上健志が、120年以上の歴史を誇る俳句結社「ホトトギス」や東京大学のインカレサークル「東大俳句会」など数十の句会にゲスト参加し、俳句の腕を磨いてきました。本書にはその中から17の句会の模様と書き下ろしの俳句、対談を収録しています。

俳句の才能を開花させている芸人・村上健志は、さまざまな句会からのお題にどう応えるのでしょうか。
稲畑廣太郎、坊城俊樹、岸本尚毅、佐藤文香ほか多数の俳人が登場。
四季折々の情景を詠んだ俳句だけでなく、河童やボーイズラブなど一風変わったお題にも挑戦しました。
歌人の俵万智やピース・又吉直樹との特別対談も収録されており、俳句に関心のある方すべてにお楽しみいただける内容となっています。

村上は、本書の「はじめに」の部分でこの本について以下のように綴っています。

本書「はじめに」より

この本はハウツー本でもない。句集でもない。なんとなく俳句を始めた一人の芸人が、よく分からないまま句会に参加した記録である。芸人であるにも関わらず、テンションを上げることもなく、話を振って盛り上げることもない。人見知りを発揮し、気を遣われ、遠慮気味にという姿勢を持ちながらも、心のどこかで見せつけてやると勘違いをし、そんな邪心を恥じながら俳句を愛する人たちと出会った記録である。

村上健志初の単著であり、俳句と出会ってから2年間の足跡を記録する一冊となります。皆様ぜひチェックしてください!

書籍概要

「フルーツポンチ村上健志の俳句修行」

出典: 春陽堂書店

発売日:4月1日(木)
著者:村上健志
刊行:春陽堂書店
価格:1,980円(税込)
仕様:四六判・344ページ
※詳細は春陽堂書店のページをご覧ください。こちら

オンラインイベント概要

刊行記念オンラインイベント「好書好日俳句フェス」
書籍の刊行を記念して「好書好日俳句フェス」をオンライン開催し、サイン会と「世界一周バーチャル吟行」句会を行います。
開催日時:3月28日(日)13:00~17:00(予定)
内容:オンラインサイン会、「世界一周バーチャル吟行」リモート句会
配信方法:YouTubeにて無料配信(予定)
主催:株式会社朝日新聞社好書好日編集部
協力:株式会社エイチ・アイ・エス、株式会社春陽堂書店、吉本興業株式会社
※サイン会では、時間の許す限りできるだけ多くの方に書籍にサインを入れます。
※句会では、事前に参加者と世界一周オンラインツアーを体験して俳句を詠み、フェス当日に持ち寄ってオンラインで鑑賞、評価し合います。
※イベント当日はどなたも無料で視聴いただけますが、サイン会(抽選制)と句会(先着順)への参加は事前申込(有料)が必要です。
※詳細は好書好日特集ページをご覧ください。こちら


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」