全国約240店舗を展開するお部屋探しサービス『いい部屋ネット』のYouTubeチャンネル『いいへやラビットTV – いい部屋ネット公式 -』では、さまざまなコンテンツを配信中です。
誰もが一度は聴いたことのあるメロディー「いい部屋ネットで探そう♪」でもおなじみの同社。全国賃貸住宅新聞「2021 賃貸仲介件数ランキング 400社(2021年1月4日発行)」の発表では、直営店舗の仲介件数においてNO.1にも輝き、全国の人から愛されていることが証明されています。

今回、そんな同社のストロングポイントやYouTubeチャンネルの魅力を紹介するべく、3組の吉本芸人が、それぞれのチャンネルで即興ネタやオリジナルソングを披露。自分たちの持ち味を生かしたネタで『いい部屋ネット』の特徴をアピールしていきました。

「いい部屋ネットで探そう♪」のAメロを勝手に制作!?

アイロンヘッド(辻井亮平、ナポリ)は、辻井の得意技を生かした動画を公開。引越しを考えているナポリが、いい部屋ネットのサイトを開いていると、「いい部屋ネットで探そう♪」のメロディーが思い出せないと首を傾げる。そこにやって来たのは、辻井扮する謎の男。彼はギター片手に「住み慣れた街を離れる時~♪」と熱唱していくという内容です。

こちらは、アイロンヘッドのチャンネルでもたびたび公開されている『Aメロ勝手に作ってますよシリーズ』。楽器を演奏できる辻井が「いい部屋ネットで探そう♪」をサビにしてAメロを歌い上げる動画です。キャッチーな曲調が胸に沁みます……。ぜひ、聴いてみてくださいね。
気になる動画はこちらからチェック!

部屋探しコント&トークで大爆笑!

3時のヒロイン(福田麻貴、ゆめっち、かなで)は『【コント】ヤマトとジャスミン〜部屋を借りる〜』を熱演。『いい部屋ネット』のスタッフ(福田)と共に内見しにきたのは、外国人の女性・ジャスミン(ゆめっち)とパンチの効いた風貌のヤマト(かなで)。一生懸命部屋の案内をする福田に対して、二人は自分たちの世界に入り込んでイチャイチャ……。

コントの後は、三人でトーク。初めて一人暮らしをした時の思い出、いいへやラビットくんの設定を使ったクイズなどで盛り上がりました。
気になる動画はこちらからチェック!

稲田はあのキャラクターがお気に入り

即興漫才をするよう託されたのはアインシュタイン(稲田直樹、河井ゆずる)。YouTubeのスタッフから、“不動産屋さん”をテーマに漫才を作る企画だと知らされた二人は「僕たち即興系は失敗しますよね」「苦い思い出しかない」と笑いを交えつつ、後ろ向きの発言。『いい部屋ネット』に関するキーワードを入れるルールのもと、制限時間1時間でネタを作っていきました。

いよいよ即興漫才を披露。稲田の強烈なキャラクターに、河井が的確にツッコミを入れていきます。二人の心配をよそに、高クオリティーのネタをやり遂げる中、ちょっとしたアクシデントが……。さらに漫才後は、稲田がいいへやラビットくんを気に入り、まさかの提案を持ちかけます。ぜひ、最後までご覧ください。
気になる動画はこちらからチェック!
4月に新生活を迎える人や引越しを考えている人も多いはず。『いい部屋ネット』では、全国に店舗があるため、遠方のお部屋探しも、最寄りの店舗で探すことが可能。来店はもちろん、オンラインでの相談や内見もできるシステムが構築されています。
まずは、YouTubeチャンネル『いいへやラビットTV – いい部屋ネット公式 -』や芸人三組とのタイアップ動画をチェックして、『いい部屋ネット』の魅力を体感してみてくださいね!

『いい部屋ネット』

公式サイト:https://www.eheya.net/
公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCZNjocm1S3zElhm3BPeJFYg/featured



【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」