2月28日(日)、東野幸治がMC、ダウンタウン・松本人志がコメンテーターを務める『ワイドナショー』(フジテレビ系)が放送されました。

「普段スクープされる側の芸能人が、個人の見解を話しに集まるワイドショー番組」というコンセプトのもと、豪華有名人・著名人を迎え、芸能ニュースから時事問題に切り込む同番組。ゲストに、立川志らく、古市憲寿、川田裕美を迎えました。

辞退は自由、批判にならないように…

3月25日に福島県からスタートする『東京オリンピック』聖火リレー。番組では、1年延期したことで参加予定だった芸能人が「仕事の調整がつかなくなった」と相次いで辞退しているニュースを取り上げました。

この件について、意見を求められた古市は「もちろん自由なんで辞退するのはいいんですけど、一方で辞退をしていない人や、“オリンピックをやりたい”っていうアスリートを(世間が)批判するようなことにならなければいいなって思います」と語ります。

出典: フジテレビ

一方、志らくは「『スケジュールの都合』って言っておくのが無難ってことでしょ。走ったって得なことないですもん。芸能人が走るということは、人をいっぱい集めたいから、注目を浴びたいから(走るのに)、誰も人がいないところで『走ってくれ』って言われたって、何のために走るんだろうって」とポツリ。「ただ、もし私のところに(リレーの話が)きたら走ります! 空いているところどこでも走ります」と宣言。スタジオを笑いに包みました。

映画やドラマ撮影のスケジュールもあり、本当に走ることができなくなった人もいる、と語ったのは川田。「そういう人ですら“違う理由じゃない?”って疑われるのは、かわいそうな気がしますよね」と言い、自分が走ることで人が集まってしまう可能性もあるため、辞退している人もいるだろうと見解を述べました。

芸能人の携帯登録名どうしている?

そんな中、松本は「辞退する人は当たり前だと思いますよ。だって、オリンピックをやるってまだはっきり言ってもらってないもの。リレー始まった途中で『やっぱりオリンピックなくなります』っていう可能性もあるわけですよね」と疑問をぶつけます。

国としては、オリンピック開催で動いていると補足があると「聖火リレーやりました、オリンピックなくなりました……ってこんなざんない話はないので、やっぱり、聖火リレー始まる前に、オリンピックをやるならやるって断言してもらわないと」とコメント。続けて「どうしても聖火リレーやりたいんだったら、オリンピック終わった後にやるべきですよね」と言うと、すかさず東野から「違います。ギリシャから(聖火が)来てるんですから!」とツッコミが飛び、松本は「それくらい矛盾したことになっている」と締めました。

 出典: フジテレビ

このほか、夫が携帯電話に自分の名前を『小池都知事』と登録しているという妻のSNS投稿が話題に。この件に関連して東野は、万が一スマホを落とした場合、知り合いの有名人に迷惑をかけないよう、本名とは違う名前で登録している芸能人が多いと紹介します。

自身も、松本の登録名を『まつひと』、浜田雅功の登録名を『はままさ』としていると言うと、明らかに名前が分かってしまうこともあって、松本から「もう言うてもうてるやん!」とツッコミが飛びました。

また、ワイドナティーンとして出演しているアイドルグループ・ふわふわの塚田百々花が「もし登録名を変えるとしたら、(厳しい)お母さんを“鬼”と名付けたいですね。でも、バレたときに怖いので、やめているんですけど」とこぼした際には「それを(番組で)言うって、テレビの力ナメんなよ!」と松本。スタジオに笑いを起こしていました。

番組概要

『ワイドナショー』
毎週日曜10:00~
公式サイトはこちら



【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」