お笑い芸人のなかやまきんに君が、調味料などの食品メーカー「ダイショー」の“やきにくのタレ営業部長”に就任し、2月25日(木)に都内で行われた新ウェブCMの発表会に登壇。さっそく“営業部長”として、得意の筋肉パフォーマンスや早口言葉でイベントを盛り上げました。

「左腕の筋肉だけで持っています!」

イベントスタートとともに、元気いっぱいにステージに登場したきんに君は、まずは自己紹介とともに勢いよく「パワー!」と一言。「(ダイショーの)55年の歴史と、私が20年、『パワー』と言い続けてきた経験を合わせて、より多くの食卓にパワーを届けたい」と意気込みを語ります。

司会者から「口調が、もう営業部長っぽいですね」とほめられると、「今後は営業部長にとどまらず、出世のほうも考えている次第でございます」と思わぬ“野望”を明かしました。

ダイショーは、焼肉のタレをはじめとした調味料で知られる食品メーカー。もともと福岡市内の焼肉店からスタートし、自慢のタレを「焼肉一番」と名付けて販売したのが始まりです。

きんに君は、ダイショーと同じく福岡市東区の出身であること、名前に「や・き・に・く」の4文字が入っていることから、このたび“やきにくのタレ営業部長”への就任が決まり、「焼肉一番」シリーズと「焼肉通り」シリーズの商品PRを担当。

25日から公開されているウェブCMでは、焼肉一番「食卓に、パワーを届けて55 年。」編、焼肉通り「小さいの、できました。」編、そして投稿キャンペーン動画「やきにく早口チャレンジ」の3本に出演しています。なかでも焼肉一番の動画撮影では、なんと492回も「パワー!」と叫んだとのことで、その全力ぶりが見どころです。

イベントでは、営業部長の巨大名刺を受け取ったきんに君が、左手で名刺を持ちながら「左腕の筋肉だけで持っています! いちばんきつい角度です! マネしちゃだめですよ!」と、さっそく筋肉アピールしていました。

ナゾの筋肉コンピューター

さらにきんに君は、音楽にのせて「焼肉一番」の新商品を焼肉にかけるというパフォーマンスに挑戦します。おなじみ、BON JOVIのヒット曲「It’s My Life」に合わせてボディビルのポージングをしたのち、サビの部分で「ヤーッ!」とシャウトするきんに君。その掛け声の勇ましさとは裏腹に、控えめにそっとタレを注ぎます。

「丁寧にやらせていただきました。この『焼肉一番』にパワーがかなりありますので、そっとかけるだけでも伝わるんじゃないかなと思いました」

続く実食コーナーでは、自らの上腕二頭筋を“筋肉コンピューター”に見立て、「これで、お肉がどうかチェックさせていただきます」というナゾの展開。「ピピピピ……反応しております。これは紛れもなく焼肉です!」と判定する筋肉芸を炸裂させ、会場中をざわつかせました。

そして、いよいよウェブのキャンペーン動画で披露している「早口言葉」に挑戦。「焼肉一番 焼肉通りでやたら焼肉食う なかやまきんに君」と3回繰り返し、「パワー!」と大声で締めます。ちゃんと言えているか怪しい部分がありながら、本人は自信たっぷり。

「はっきりと言いました。最速タイムが出たと思います。営業部長ですから、ここはしっかり。早口が言えるというのが僕のPRポイントだと思います」

イベントの最後に、きんに君は“営業部長”らしく改めて商品を宣伝。「パワー!」と叫んで、力強く締めくくりました。

なかやまきんに君の新ウェブCMはこちらから。


【関連記事】
【写真】なかやまきんに君への違和感の正体
【暴露】パンサー向井が「ロケ弁を食べない理由」
【衝撃】ミルクボーイ内海の“角刈りじゃない”過去の姿
【驚愕】ですよ。の意外な“前職”
【話題】尼神インター誠子「カップル写真」のお相手
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」