吉本坂46が5月8日(水)、大好評の1stシングル『泣かせてくれよ』に続く2ndシングル『今夜はええやん』を発売。5月11日(土)、大阪・道頓堀のとんぼりベースカフェ&インフォにて行なわれた発売記念イベントに、選抜メンバーの遠藤(ココリコ)、河本(次長課長)、エハラマサヒロ、ガンバレルーヤ、大地洋輔(ダイノジ)、尾形貴弘(パンサー)、スイートMONSTERの♡さゆり(かつみ♡さゆり)、山本圭壱(極楽とんぼ)が登場しました。

会見では、選抜がミュージックビデオ(以下、MV)の衣装で、一方でスイートMONSTERは、ステージ衣装に身を包み、撮影の裏話を告白。気になる“売り上げ対決”についても、正直な予想が飛び出し大盛り上がりとなりました。

ダイノジ大地はとろサー久保田のコスプレ?

まずキャプテンの河本が、MV撮影時のエピソードを披露。全員が奇抜なメイクをしているので、最初は誰が誰だかわからなかったことや、平均年齢が高いので深夜から朝にかけての撮影はなかなかしんどかったと振り返ります。

ギタリスト役の大地はギターが全く弾けず、エアギターで培ったテクニックを使ったと話しますが「みんなにとろサーモン・久保田のコスプレをしていると言われる」とクレームを入れるひと幕も。エハラと尾形はバーテンダー役とのことですが「ほとんど誰かわらからない」と自虐し、笑いを誘っていました。

スイートMONSTER代表として登場した山本と♡さゆり。山本は「我々はMVを撮られているのかどうなのか、わからないくらいで終わった」と撮影を振り返り、「レコーディングの風景がそのままビデオになると思ってなかった。あれは盗撮!」と改めて訴えました。さらに全員が私服だと話し、「我々が一番素に近い、ナチュラルなビデオになってる。だからトップに……」と自信を見せたかと思うと「……と岩橋が言ってました」と弱気に。

今回の曲については、選抜メンバーが口々に「かっこいい」「これはイケる」と絶賛。負けじと山本も「ジャニーズの曲に似てる、SMAPぽいのが飛び込んできたと感じた」と話し、「木村くんっぽく歌ったのは確かです」とまさかの告白も飛び出しました。

遠藤「リアルにREDの売上が一番怖い」

2枚目のシングルは選抜メンバー、RED、スイートMONSTERの3チームで売り上げを競いますが、遠藤が「リアルに言うと、REDが一番怖い」とポロリ。それを聞いたさゆりは「ウチのユニットがないことになってる」とクレームを入れ、笑わせました。

トーク終了後には撮影会に。河本・大地・エハラ・よしこチーム、遠藤・尾形・まひるチームの二手に分かれ、ファンとの交流を楽しみました。

オリコンデイリーチャート2位でスタートした2ndシングル。今回のシングルでは選抜メンバー、RED、スイート MONSTERの3つのユニットが競い、最も売り上げの多かったユニットが、次のシングルの表題曲を任される予定です。どのユニットが3rdシングルのタイトル曲をゲットするのか。今後の吉本坂46からますます目が離せません!