2月21日(日)、東野幸治がMC、ダウンタウン・松本人志がコメンテーターを務める『ワイドナショー』(フジテレビ系)が放送されました。

「普段スクープされる側の芸能人が、個人の見解を話しに集まるワイドショー番組」というコンセプトのもと、豪華有名人・著名人を迎え、芸能ニュースから時事問題に切り込む同番組。ゲストに、加藤雅也、アンジャッシュ・児嶋一哉、トラウデン直美を迎えました。

ワッキーと同期のアンジャッシュ児嶋に松本がブチギレ!?

昨年6月、中咽頭がんを公表したペナルティ・ワッキーが、今月14日に配信されたYouTubeチャンネル『ペナルティちゃんねる』で復帰。動画は、約10ヶ月ぶりの再会となるヒデにサプライズで会いに行く企画で、お互い涙を流すシーンが放送されました。

スタジオに登場したワッキーは、普段クールなヒデが、人目をはばからず涙をしたことで、もらい泣きしてしまったと回顧。松本もYouTubeを観たようで「(ヒデが)全然カメラの方を向かないんやけど、やっぱり俺もきた(こみあげるものがあった)ね」と振り返ります。

続けて「今日、ワッキーが楽屋挨拶に来たときに『YouTube観たよ』って言うたら『泣きました?』って……。冷めるわ〜!」とバッサリ。ワッキーは、舞い上がったうえでの返答だったと、後悔を念を口にしました。

 出典: フジテレビ

ニュースで動画を観たというのは加藤。役者目線でこう語ります。

「僕も泣きました。お芝居的に言うたら、僕らは台詞を使って芝居じみたことをしますけど、あれが本当に感動したときのもんなんやなって思ったし、僕ら役者はあれを再現せなアカン」

ワッキーと同い年で、芸歴もほぼ同期。プライベートでも麻雀をする仲だという児嶋は、ヒデの反応に驚いたと言います。通常であれば、カメラに顔を向けて泣くものですが、ヒデが背を向けていたことに注目しつつ「(それでも)隠すっていうのが、本当のリアルな気持ちなんだなって思って」とコメント。「コンビっていいなと思いました」と話を閉めるも、すぐに松本が「(アンジャッシュと)一緒にすんな!」と声を張り上げます。彼が顔をしかめる中、ワッキーも追随するように睨みをきかせ、笑いを起こしていました。

チョコプラやもう中の“笑い”で奮起!

新幹線の中で、首にしこりを見つけたというワッキー。病院に行くとがんと告げられたと言い、しばらくは家族にも仲間にも言うことができなかったと言います。治療は放射線化学療法を選択。しかし、ワッキーの体には合わず、吐き気や気持ち悪さを感じたとのこと。コロナ禍なので、誰にも会えなかったことが辛かったと振り返りました。

そんな辛い気持ちを払拭したいのか、闘病中は笑いたくなったとワッキー。「なぜか、チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)の動画を観ていました。あと、後輩のもう中学生にLINEを打って、『オリジナルの曲を作ってくれ』ってお願いすると、すぐ作ってくれるんです」と“笑い”が自分を支えてくれたと明かしていました。

 出典: フジテレビ

芸能界に復帰したワッキーですが、いまは体力作りも再開しているのだとか。ワッキーのシャープな動きが魅力のペナルティのコントは、まだやれていないようで「(コントを)やりたいです!」と胸中を述べました。

最後に闘病生活中に作ったギャグを披露することに。若干不安な表情を見せると「あの顔はないな?」とヤジが。それでも漫画『鬼滅の刃』と森進一のモノマネをドッキングさせたギャグを披露。すぐにスタジオの空気を察したのか「完治していないです」とポツリ。こちらは、子どものために作ったというギャグだそうで「鬼滅は大好きなんですけど、森さんのことを知らなかった」と笑わせると、東野から「森進一さんに失礼や!」とツッコミが飛び出していました。

番組概要

『ワイドナショー』
毎週日曜10:00~
公式サイトはこちら



【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」