人気俳優と吉本タレント、クリエイター8組24人によるオムニバス映画『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~』(2月26日公開)の完成記念会見が、2月19日(金)に東京・よしもと有楽町シアターで開催されました。会見には、亜生(ミキ)、粗品(霜降り明星)、後藤淳平・福徳秀介(ジャルジャル)、秋山竜次(ロバート)、品川ヒロシ(品川庄司)、近藤春菜(ハリセンボン)が参加。人気芸人たちがボケまくりながら、作品の魅力を伝えました。

「コロナ禍のこんな時だからこそエンタメの力で人々の心を元気にしたい」という思いから急遽、制作された本作。人と人とが距離を取らなければならない時だからこそ響く“心の濃厚接触”が描かれた、8本のショートストーリーからなるオムニバス映画です。

作品には、この日の登壇者のほか、岡村隆史(ナインティナイン)、豆原一成(JO1)、海宝直人、倉科カナ、徳井義実(チュートリアル)、小池徹平、じろう(シソンヌ)、白石聖、般若、松井玲奈、山崎静代(南海キャンディーズ)、水川あさみら豪華キャストが名を連ねています。

ジャルジャル福徳は初脚本映画の完成に…

まずは8作品のひとつ、ほっこり温かい純愛ラブストーリー『まわりくどい二人のまわりくどい気持ちの伝え方は大胆でむしろまわりくどい』から。同作で服屋のオーナー・本田を演じるジャルジャル・後藤は、カフェの店主・しおりを演じる白石聖についてこう語ります。

「とてもお綺麗な女優さんで、お顔も小さい。僕は顔がデカいので、白石さんがセリフ中に『顔デカい……』と思っているのではないかと笑いそうになりました。顔面のバランスは失敗」

この作品で脚本を担当したのは相方の福徳。完成した作品について、「完成すると意外と恥ずかしくて照れ臭い。なので、観るのはやめました。観る時間はあったけれど……」と素直な気持ちを明かしました。

ロバート秋山は“架空ドラマ”をPR

続く登壇者は、銭湯でラップバトルを繰り広げるコメディ『戦湯~SENTO~』で常連客の男を演じるロバート・秋山。なぜか「木曜ドラマ 甘味裁判官あんみつ先生 夜10時スタート」とプリントされたピンク色のシャツを着て登場し、「キャストも決まっていないし、脚本もない、局も決まっていない。ないけれど、シャツは作った」と架空ドラマをPR。そして、「これはないけれど、『戦湯~SENTO~』はある! あるほうを見よう!」と呼びかけます。

これに脚本・監督の品川庄司・品川が「それ実際に作ろうよ! 俺、いまから脚本書くわ」とかぶせると、秋山は「俺のTシャツ発信でドラマが始まることってあります!? ひとボケでやっただけなのに、プレッシャーだわ!」と慌てふためいていました。

ハリセンボン春菜「ゴリラの親子みたい」

その後、SF作品『バックヤードにて』で万引き主婦・サナエを演じたハリセンボン・近藤が壇上に上がります。同作で時空局潜入捜査官・ミクを演じる水川あさみとはプライベートでも仲がいいそうで、すっかり触発された様子。

「水川さんは切り替えと雰囲気作りがうまくて、私も引っ張られた。水川さんは昨年末からたくさんの映画賞を受賞されているので、私もこの作品で爪痕を残さねばと思いました」

さらに「(早朝の撮影の時に)私が朝ご飯を持っていくのを忘れたら、水川さんがバナナを分けてくれて、まるでゴリラの親子みたいだった」と、ほのぼのエピソードで笑わせました。

粗品「亜生じゃなく兼近がよかった!」

最後は、ヒューマンドラマ『同度のカノン』です。本作で初めて脚本・監督に挑戦した霜降り明星・粗品が、撮影での苦労を笑い交じりに語りました。

「(スタジオの)近くに駅があって、電車が通るたびに音が入るので撮影中断。しかも、頻繁に電車が通る。(都心から離れた場所なのに)ふつう、あんな所にスタジオを作るか? 新宿の高架下で撮っているようだった」

そして、友人を見舞う男・義正を演じるミキ・亜生のほうを向いて、「役作りで坊主にしてほしかったけれど、こいつはしなかった。ホンマは兼近(EXIT・兼近大樹)がよかった。兼近だったら坊主にしてくれたはず」と毒づきます。

さらには、亜生が出演しているドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS)を引き合いに、「この映画で僕が演技指導をビシバシやったおかげで、それが『ボス恋』での演技にも活かされている。亜生を通じて、間宮(祥太朗)君や菜々緒さんまで上手くなっている」とまで主張する始末。

これには亜生も黙っていません。「粗品の映画のために坊主なんかにしたくない! この作品は最低で無茶苦茶。粗品も絡みづらくてややこしいタレントです!」と反撃。撮影についても、「粗品がいちばん邪魔だった! セリフのキャッチボールが上手くいった途端、興奮したこいつの奇声が入ってNG。電車よりもうるさかった!」と猛攻し、笑いのなかで会見は終了しました。

作品概要

『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~』

『本日は、お日柄もよく』
出演:岡村隆史(ナインティナイン)×豆原一成(JO1)
脚本:丑尾健太郎(日曜劇場『半沢直樹』)
監督:山内大典

『同度のカノン』
出演:海宝直人×亜生(ミキ)
脚本・監督:粗品(霜降り明星)

『やさしい人』
出演:倉科カナ×徳井義実(チュートリアル)
脚本:高須光聖
監督:山内大典

『真夜中』
出演:小池徹平×じろう(シソンヌ)
脚本:又吉直樹(ピース)
監督:紙谷楓

『まわりくどい二人のまわりくどい気持ちの伝え方は大胆でむしろまわりくどい』
出演:白石聖×後藤淳平(ジャルジャル)
脚本:福徳秀介(ジャルジャル)
監督:山内大典

『戦湯~SENTO〜』
出演:般若×秋山竜次(ロバート)
脚本・監督:品川ヒロシ

『とある家のこと』
出演:松井玲奈×山崎静代(南海キャンディーズ)
脚本:福田麻貴(3時のヒロイン)
監督:紙谷楓

『バックヤードにて』
出演:水川あさみ×近藤春菜(ハリセンボン)
脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
監督:紙谷楓

企画・製作・配給:吉本興業
制作プロダクション:共同テレビジョン
©「半径1メートルの君~上を向いて歩こう~」製作委員会

2月26日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
公式サイトはこちらから。
公式Twitterはこちらから。


【関連記事】
【激似】すゑひろがりず三島のソックリすぎる“弟”
【話題】ゆりやんの-30kgダイエット法
【祝】野爆ロッシーがマヂラブ野田に次ぐ快挙
【衝撃】アインシュタイン稲田「まさかの第2弾です」
【写真】りんたろー。にファンが抱いた“違和感”
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」