韓国でも活躍する俳優のチングポカが改名したというニュースが届きました!

お笑いの世界から俳優へ

出典: 吉本興業

チングポカは、2003年お笑いコンビ「チング」としてデビュー。
その後渡韓し、韓国語を学びながら日韓の文化の違いや笑いを漫才を通して表現するなど、これまでになかった試みに挑戦し、韓国で活躍してきました。
2010年にコンビを解散した後は俳優に転身し、舞台「めんたいぴりり~博多座版~」など、舞台やドラマ出演を中心に活動しています。

そんなチングポカがこの度、俳優としてさらなる新境地を築くため、本名である「高須賀浩司(たかすかこうじ)」へと改名することを発表しました。

本人からは今回の改名に際し、コメントが届いています!

高須賀浩司から皆さんへ

このたび『チングポカ』から改名しまして『高須賀浩司』として心機一転、活動させていただくことになりました。「たかすかこうじ」と読みます。これまで以上に芸道に精進し仕事に邁進してまいりますので、これからも変わらずご愛顧の程よろしくお願いいたします。

2021年7月に福岡・博多座にて、8月には大阪・新歌舞伎座にて公演される、博多華丸・大吉の博多華丸が主役を務める舞台『羽世保スウィングボーイズ』への出演が決まっているというチングポカ改め高須賀浩司。
ぜひ、今後の活躍にもご注目くださいね!


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」