NSC東京校(26期生)と大阪校(43期生)の現役生たちによる合同生配信イベントが、1月31日(日)に行われました!
『#NSCおうち冬合宿』と題された本イベントは、東西のNSCをオンラインでつなぎ、6時間ぶっ通しで生配信を行うという、まさに合宿さながらのイベントです。

関連記事:東西対抗! NSCが6時間オンラインで『おうち冬合宿』開催! インディアンスら人気芸人たちも登場
関連記事:M-1王者マヂカルラブリーがNSC特別講義で言いたい放題「笑いのバズーカ放つだけじゃい!」

 

ネタの「つかみ」でガチンコ対決!

「NSC東西つかみ対抗戦」~ネタの頭でみんなのハートを鷲掴みできるのは?~

出典: NSC

最初のコーナーは、東西の現役生たちが自宅からリモートで、ネタの「つかみ」部分だけを披露。
審査員にネタの続きを「見たい!」と思わせたコンビだけがネタを続けられるというガチンコ対決です。

MCを務めたジョイマン(NSC東京校8期生)は、NSCでの思い出を語りつつ、現役生たちにエールを送ります。
審査員として登場した鬼越トマホーク(NSC東京校15期生)からは、自分たちのつかみネタを披露してくれる一幕も。

出典: NSC

各コンビ、バラエティーに富んだ「つかみ」を見せてくれる中、無念にもネタを披露できなかったコンビも、ジョイマンや鬼越トマホークから、リモートであれこれ無茶な指示を受け、笑いの絶えないコーナーとなりました。
途中、先輩芸人たちからの的確なアドバイスもあり、現役生たちは真剣に耳を傾けていました。

現役生企画に、人気芸人が挑戦

NSC東京presents『NSCビジネスコース生の考えた企画をインディアンス・オズワルド・ラフレクランが一生懸命やってみた』

出典: NSC

NSCには、吉本興業の社員や、作家、ディレクターなど、エンタメ業界を裏で支える人材を育てる「ビジネスコース」もあります。
このコーナーはそんなビジネスコース生たちが考えた配信企画をインディアンス(大阪校31期生)、オズワルド(東京校17期生)、ラフレクラン(東京校17期生)の3組が、実際にやってみるという内容です。

世界で活躍する芸人になるべく、世界の国々にちなんだゲームに挑戦する「お笑いワールドツアー」や、体が資本である芸人として視力と聴力を競い合う「芸人健康診断」、数々の無茶振りに答えながら即興劇を繰り広げる「無茶振りエチュード」など、企画だけでなく、撮影や進行もビジネスコースの現役生が行いました。細かいミスや失敗も、芸人たちが見事なフォローで笑いに変えてくれ、現役生たちにとってはとても学びのある貴重な体験となりました。

インディアンス・田渕も「芸人として刺激を受けた」と語り、最後は「お笑いワールドツアー」でやったハイテンションサンバを全員で踊り、コーナーを締めくくりました。

NSC特別版「滑狼」

疑心暗鬼大喜利バトル「滑狼」~ビギナーズゲート~ NSC特別版

出典: NSC

続いては、劇場人気企画である「疑心暗鬼大喜利バトル 滑狼」に現役生たちがリモートで挑戦!
「滑狼」は、大喜利に心理ゲーム要素をプラスしたもので、わざと面白くない回答を出している「滑狼」に捕食されつくす前に「滑狼」を見つけ出すゲームです。

「滑狼」経験者であるニッポンの社長(辻、ケツ)と一緒に、東京校と大阪校から選ばれた現役生10名が挑戦。タイトル通り、疑ったり疑われたり、同期だからこそのクセやセンスを熟知した心理戦を繰り広げる中、MCを務めたニューヨーク・屋敷(東京校15期生)が「カリスマ」と評するニッポンの社長・辻が、早々に退場となる波乱の展開に……。
疑いの目を見事にすり抜け、「滑狼」であるオチャニゴス・松本が最後まで勝ち残りました。

東西ネタ合戦、勝者は誰の手に?

出典: NSC

最後のコーナーは毎期恒例となっている「東西ネタ合戦」。東京チームのMCをはんにゃ(東京校10期生)、大阪チームのMCを学天即が務め、東京校と大阪校から選ばれた18組がネタを競い合いました。

審査員も豪華なメンバーで、放送作家として「アメトーーク!」なども手がける東京校講師の遠藤敬、「笑ってはいけない」シリーズや「フットンダ」などの仕事で知られる放送作家の堀江B面、「松本家の休日」や「M-1グランプリ」の構成作家である里村仁志という、賞レースさながらの錚々たる顔ぶれです。
さらに、スペシャル審査員として浪花の御意見番、上沼恵美子……のモノマネでお馴染み、天才ピアニスト・ますみも参加。各対決ごとに、まるで本物のようなコメントをぶつけてくれました。

例年にも増してハイレベルな戦いを制した大阪チームは、NSCからのご褒美として「お米1万円分」を獲得!
クジで賞品を引き当てた大阪校のピースマンは、嬉しさのあまり持ちギャグの「ピース」を忘れ、爆笑を誘いました。

出典: NSC

審査員の里村は「ネタ合戦の審査は5年やってるが、全試合悩んだのは初めて。今年が1番レベルが高かった」とコメント。
遠藤は「お客さんの前でネタを披露する機会も少なく、決して恵まれた環境ではないからこそ、この状況をバネに大きく育って欲しい」と現役生たちにエールを送り、イベントを締めくくりました。
現役生たちの中にはすでに賞レースを勝ち進んでいる生徒もおり、今後の活躍が楽しみです。

NSC現役生の熱きガチンコ対決、そしてビジネスコース生が企画配信した内容をぜひご覧ください!
こちらの『#NSCおうち冬合宿』のアーカイブ配信は、よしもとNSC公式YouTubeチャンネルからご覧いただけます。


なお、NSCは現在、2021年度入学生を募集中です。
加えて今年4月には「パフォーミング」「クリエイティブ」「デジタルエンタテインメント」という3ジャンルの養成スクールも開設されます!
高校卒業資格が取得できる「吉本興業高等学院」も同時に開校されるのでぜひチェックしてみて下さいね!
「よしもとアカデミー」の詳細は公式サイトから。

配信概要

『#NSCおうち冬合宿』

出典: NSC

よしもとNSC YouTubeチャンネルはこちらからチェック!



【関連記事】
【激似】すゑひろがりず三島のソックリすぎる“弟”
【話題】ゆりやんの-30kgダイエット法
【祝】野爆ロッシーがマヂラブ野田に次ぐ快挙
【衝撃】アインシュタイン稲田「まさかの第2弾です」
【写真】りんたろー。にファンが抱いた“違和感”
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」