1月28日(木)、カジサック(キングコング・梶原雄太)がYouTubeチャンネル『カジサック KAJISAC』に動画をアップ。2020年12月に開催された『M-1グランプリ2020』(テレビ朝日系)では“おいでやすこが”として準優勝を果たした、おいでやす小田とのコラボ動画を公開しました。

関連記事:カジサック、ライセンス藤原との夫婦対談で実情吐露?「ヨメサックの方が…」

 

「M-1」準優勝までの苦労を吐露…

冒頭では、「面白いよな~」「『M-1』で競り上がってきた時の顔おもろかった!」と『M-1グランプリ2020』における小田の活躍を絶賛するカジサック。

今回はそんな小田とのトーク企画かと思いきや、裏ではある企画が進められていました。「やっぱり小田さんといえばツッコミ」「あれを俺は学びたいのよ」とのことで、トークの傍ら“ツッコミを学ぼう”企画を小田に内緒で進めることを決定。

カジサックのボケに対し、どのようなツッコミがなされるのかを検証しようと、カジサックは「寝る」「メガネのレンズを触る」など、事前に6つのボケを設定します。

ここで、いよいよゲストである小田が登場。最初に「めちゃめちゃ忙しいでしょ?」と尋ねるカジサックに、「めちゃくちゃもう忙しく」「夢のようです」と返答する小田。

現在は『M-1グランプリ2020』を機に仕事が増えているとのことですが、20年の芸歴を振り返って「ホンマのリアルなこと言うたら、去年までしんどかった」と告白。『R-1ぐらんぷり(現・R-1グランプリ)』では何度も決勝に進出してきたものの、仕事は不安定だったと明かします。

そうして芸人人生を語り始めた小田に、カジサックは1つ目のボケを実行。うたた寝をするカジサックを見て、小田は「寝とるやないかい!」とツッコみながらも、「嫌な予感すんなぁ……」と、今回の裏企画に気付いた様子を見せます。

■カジサック×おいでやす小田のコラボ動画はコチラ

 

NSC卒業後は同期とコンビ活動

NSC入所後はコンビを組んだり、ピンで活動したりしたと語る小田。かつて、同期のモンスターエンジン・西森とコンビだったことを明かし、「向こうがボケとして面白すぎたんで」「天才なんですよホンマに」と、西森を絶賛する場面も。

コンビこそ解散したものの、西森とは仲が良いと語る小田に対して、カジサックは「メガネのレンズを触る」という裏企画のボケを実行。トーク中の小田は、驚きのあまり勢いよくのけぞりながら「ナアアアアア!」と絶叫。これにはカジサックも爆笑します。

その後、連写での写真撮影といったボケの数々に対して、ツッコミを繰り出す小田。動画を観たファンからも、「お腹痛くなるくらい笑いました」「小田さんの勘の良さがすごい」などとコメントが寄せられていました。

■カジサック×おいでやす小田のコラボ動画はコチラ

『カジサック KAJISAC』

チャンネルはコチラ


【関連記事】
【報告】くまだまさし、宝くじ100枚の当選結果
【激変】ニューヨーク嶋佐が劇的イメチェン
【写真】おいでやす小田の「小学生が着てそう」な私服
【驚異】アインシュタイン河井の“冬の装い”
【謝罪】チョコプラ松尾から「残念なお知らせ」
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」