SNSの情報発信で世の中に影響を与え続けるタレント・モデル・アスリートらの“今”を切り取るフジテレビ『フィーチャーズ』(毎週火曜22:54〜23:00)。これまでEXITやゆりやんレトリィバァも出演してきたこの番組に、SNSで「ギャル動画」が話題のエルフ・荒川が、相方のはるとともにコンビで出演します。ラフマガでは、彼女たちの本拠地である大阪・よしもと漫才劇場での収録模様をレポートしてきました。

「おもしろ荘」にも出演!

エルフは現在、結成5年目。荒川のギャルキャラを全面に押し出したネタが話題を呼び、今年はついに、若手芸人の登竜門でもある「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の正月恒例企画『おもしろ荘』にも登場した注目コンビです。

荒川は、昨年末に開かれた『よしもとリール王決定戦』で優勝。Instagramの「リール」(最大30秒の動画を音楽やエフェクトで加工・編集して投稿する新機能)を使った得意のギャル動画で、吉本芸人による全503本の頂点に立ち、“最も面白いリール”の称号を勝ち取りました。さらに、Instagramで7万以上のフォロワーを持つなど、お笑いファンはもちろん“同志”であるギャル層からも絶大な支持を集めています。

一方のはるは、荒川と対照的にボーイッシュないでたちが特徴。ハイテンションでボケまくる荒川をクールにいなす頼れるツッコミであり、“保護者”的存在でもあります。

マンゲキの舞台風景をロケ

『フィーチャーズ』のロケは、ステージが始まる前の朝の漫才劇場前からスタート。本番前、はるが気合を入れるために必ず行っている“ルーティン”の撮影では、カメラを前に緊張し、ついぎこちなくなる姿に笑いも。漫才を披露する際は、スタッフと笑顔で談笑しつつ、袖でのネタ合わせは真剣そのものです。さらに、楽屋ではYouTubeでもおなじみの荒川のギャルメイク風景を収録。こちらは笑いナシ、真剣勝負で“盛る”表情が映像に収められました。

客席で行われたインタビューでは「お笑い」、そして「大阪」への思いといった質問に、2人がそれぞれ真摯に答えていました。

楽屋の愛されキャラ

ロケ中、劇場の楽屋にいた芸人仲間たちにも、エルフの魅力について聞いてみました。

『キングオブコント2019』ファイナリストで、昨年の『第9回ytv漫才新人賞決定戦』で優勝したビスケットブラザーズ・原田泰雅は、エルフと交流の深い芸人の1人。

「どこに行っても、みんな荒川をイジってたり、荒川がおらん時は、はるがみんなにバカにされてたり(笑)。いま、みんなの心の中心にはエルフがいるのかもしれません」と楽屋での愛されぶりを教えてくれました。「原田さんの心の中心にも?」と聞くと、「そうっすね、エルフがいるかもしれないです(笑)」とニヤリ!

『R-1ぐらんぷり2020』ファイナリストの守谷日和も、エルフを大絶賛。

「荒川は、めちゃくちゃ明るい子なんで、いつも元気をもらってます。相方のはるは、めちゃくちゃ生真面目。先輩への受け答えとかも、細心の注意を払ってするんですけど、その様子がめちゃくちゃアホらしくて面白いです。“なにこいつ、こんな生真面目にやってるんやろう”って(笑)」

そんな、キャラそのままの素顔を紹介したうえで、「たぶん、みんなめちゃくちゃエルフのこと好きやと思います」と証言していました。

その後、劇場での撮影を終えたエルフは、大阪の街に飛び出し、はるのバイト先や荒川行きつけのヘアサロンでもロケを敢行。ふだんは見られない“素”の姿も、たっぷり見せてくれました。エルフ出演の『フィーチャーズ』は3月2日(火)22:54〜23:00放送です。

放送直後に「Instagram特別版」が番組公式Instagramで公開されます。番組公式サイトはこちらから。


【関連記事】
【話題】山田花子、息子を公開
【共感】“こがけんさんって”…発言に「私も思ってました」
【写真】ぼる塾あんりに「痩せた」の声
【衝撃】月亭方正の「男前」な別人級ショット
【激似】ノンスタ石田家の三姉妹「そっっっくりです」
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」