2月23日(火)の「富士山の日」を記念して、『富士山の日クイズフェスティバル』が開催されるというお知らせが届きました!

全国各地から参加可能!

『富士山の日クイズフェスティバル』は、2月19日(金)~23日(火)の5日間で「富士山クイズLIVE」「富士河口湖クイズラリー」「吉本芸人と行く! 富士急行クイズ列車」と、3つのイベントを開催します。
現地でのイベントのほか、オンラインでのイベントもあるので、全国各地からの参加が可能です。

また、ニューヨーク・嶋佐和也は、山梨県出身ということで、コンビで「富士山の日PR隊」に任命され、富士山の日PR隊としても、本イベントを盛り上げていくそう。

3種のクイズを楽しもう!

「富士山クイズLIVE」では、オンライン上でも参加可能な一般参加向けクイズイベントを開催。
富士山マニアでなくても楽しめます! 10万円の商品券ほか、豪華商品多数とのこと。
「富士河口湖クイズラリー」は、富士河口湖町内10か所にクイズポイントを設置。QRコードをスマートフォンで読み込んで富士山クイズに挑戦。
たくさんのスポット巡って、旅館ペア宿泊券や富士急ハイランドフリーパスほか、全100点以上の景品を当てよう!
「吉本芸人と行く! 富士急行クイズ列車」は、富士急行沿線大月駅~河口湖駅間で特別列車を運行します。
日替わりで出演する人気芸人と列車内でクイズイベントを楽しもう!

イベントはすべて参加費無料となっておりますので、お気軽にご参加くださいね。

ニューヨークらが富士山の日PR隊に

1月、渡辺喜久男富士河口湖町長より、山梨県に縁があるコンビとして、ニューヨーク(嶋佐:富士吉田市出身)、ダンビラムーチョ(大原:甲府市出身)、世間知らズ(椎木:富士吉田市出身)の3組が任命されました。
本イベント出演を機に「富士山の日(2月23日)」の周知や富士山麓・河口湖への観光PRに貢献していきます。

富士山の日PR隊を務めるニューヨークからコメントが届いています。

ニューヨークから皆さんへ

出典: 吉本興業


嶋佐和也:隣町の富士吉田市出身ということで、地元に恩返しできるよう頑張ります!
屋敷裕政:富士山をぶっ壊すぐらいに、富士山の日をガンガンPRしていきたいと思います!

クイズを通して、一緒に富士山の魅力を堪能しましょう!
尚、本イベントは、「新型コロナウイルス感染症対策実施マニュアル」を策定し、会場内では感染拡大防止に向けた取り組みを徹底し開催されます。

イベント概要

富士山の日クイズフェスティバル


日時:2月19日(金)~23日(火・祝)

イベント1:富士山クイズLIVE


日時:2月23日(火・祝)13:30~15:30
場所:富士河口湖町勝山ふれあいセンターさくやホール
定員:来場者・100名程度 ※コロナウイルス感染の状況により変動
オンライン・定員なし
出演:ココリコ・遠藤章造、レイザーラモン、天津・木村卓寛、尼神インター、ニューヨーク
中継出演:ダンビラムーチョ、世間知らズ
参加方法:
・会場参加
富士河口湖町観光連盟 0555-28-5177(受付時間10:00~16:00)
Webお申込みはこちらから
・オンライン参加
お申込みはこちらから

イベント2:富士河口湖クイズラリー


日時:2月19日(金)~23日(火・祝)
場所:富士河口湖観光総合案内所、富士河口湖町クイズラリースポット10か所
定員:なし
参加方法:お申し込み不要。どのクイズポイントからでもスタート可
※景品配布場所:富士河口湖観光総合案内所(9:00~17:00)

イベント3:よしもと芸人と行く! 富士急行クイズ列車


日時:2月20日(土)、21日(日)、23日(火・祝)
午前・午後/1日2本運行※23日は午前のみ
場所:富士急行線大月駅~河口湖駅間
定員:1運行/最大70名 ※コロナウイルス感染の状況により変動
出演:
<20日>おかずクラブ、3時のヒロイン、鈴川絢子、大西ライオン、ダンビラムーチョ、ひょっこりはん
<21日>ニューヨーク、ガンバレルーヤ、ぼる塾、ジョイマン、ダンビラムーチョ、ひょっこりはん
<23日>レイザーラモン、尼神インター、鬼越トマホーク、ダンビラムーチョ、ひょっこりはん、8.6秒バズーカー
参加方法:富士河口湖町観光連盟公式サイトよりお申込み。

公式サイトはこちら
主催:一般社団法人富士河口湖町観光連盟
企画・制作:富士河口湖町、吉本興業株式会社、富士急行株式会社、株式会社プランニングオフィスSMS

【関連記事】
【報告】くまだまさし、宝くじ100枚の当選結果
【激変】ニューヨーク嶋佐が劇的イメチェン
【写真】おいでやす小田の「小学生が着てそう」な私服
【驚異】アインシュタイン河井の“冬の装い”
【謝罪】チョコプラ松尾から「残念なお知らせ」
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」