サバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」の元練習生9人で結成されたパフォーマンスユニット『円神-エンジン-』。2月10日(水)に発売された1st両A面シングル「Say Your Name / ENJIN」をフィーチャーした初のオンライン・ショーケースイベントが、タワーレコード渋谷店から配信されました。ここでは、その後の取材会でメンバーたちが語った楽曲の注目ポイントをお伝えします!

1月24日(日)に開催されたこのイベントは、1st両A面シングル「Say Your Name / ENJIN」の初回限定メンバー盤を、タワーレコードオンラインで先行予約した人だけが視聴できるプレミアムな限定イベント。

A.rik(エーリック)、草地稜之、熊澤歩哉、瀧澤翼、中谷日向、中林登生、中本大賀、宮里ソル、山田恭の9人が「Say Your Name」「ENJIN」、そして昨年12月に開催されたデビュー公演『nonagon』のカーテンコールで披露された「We Go」をパフォーマンスしました。

チャット欄から声援

歌・ダンス・芝居が融合した昨年12月のデビュー公演に続く今回のオンラインイベントは、純粋に曲のパフォーマンスが主役。たくさんの「MU3E(ミューズ)」(円神ファンの呼称)たちがチャット欄から声援を送り、イベントは大いに盛り上がりました。

A.rikは、「ライブ形式が初めてで、とても緊張したんですけど、(ライブMC中に)コメントも見られたので、視聴者の方と一緒に楽しめる感じがして嬉しかったです」と振り返ります。

草地も、素直に喜びの表情を見せます。

「すごくいい曲だし、ダンスもかっこよく振り付けしていただいた。この曲の切なさを皆さんの前で表現したいと待ち焦がれていたので、すごく嬉しかったです」

ドラマ主題歌は鳥肌もの

「Say Your Name」は、中本が出演しているドラマ『江戸モアゼル ~令和で恋、いたしんす。~』(毎週木曜23:59放送、読売テレビ・日本テレビ系)の主題歌でもあります。中本は、この曲のおすすめポイントをこう説明します。

「歌詞とドラマのもどかしさがとてもマッチしていて、聴きどころあり、見どころありと、歌もドラマも楽しめる贅沢なものになっています。ドラマはもちろん見ていただきたいんですけど、主題歌にも注目してほしいです」

クールなラップを披露している宮里も、「好きな人に素直な気持ちを言葉にして伝えられないもどかしさを歌った曲なんですけど、最後にはそんな人の背中を押すようなラブソングになっています」とアピール。ラストのラップからサビにかけてのパートは、歌っている本人も鳥肌ものだと語りました。

デビュー曲は円神の“エンジン”

もうひとつのA面ソング「ENJIN」は、デビュー公演でも披露した円神のメジャーデビュー曲。山田は「それぞれみんな歌うパートがあるんですけど、その人に合った歌詞のパートを、気持ちを込めて歌っているので、ぜひ聴いてほしいです」とその魅力を語ります。

「挫折や悔しさを経験してきた僕たちだからこそ伝えられる、『負けたくない』『孤独じゃない』という気持ちを込めています。いま頑張っているすべての人に当てはまる応援歌です」

曲についてこう説明する熊澤は、作詞を担当したコピーライターの阿部広太郎がメンバーの文章や行動を歌に反映してくれたと紹介しながら、「僕たちにしか歌えないデビュー曲。円神の“エンジン”になっています」と力を込めました。

「アベンジャーズ集団」と呼ばれるように

一方、グループとして、そして個人としての目標を聞かれた中谷は、「街を歩いていても円神が目に入るような環境になれば嬉しいです。個人的には、ファッションやメイクのプロデュースができるように頑張りたいです」と宣言。

リーダーの瀧澤も「日本一、世界一を獲るという目標の前段階として、次の公演で満席にして最高のパフォーマンスができたらと思いますし、東京や大阪だけでなく、いろんなところで歌やお芝居ができたら」と意気込みます。

メンバーの間では、2023年の『NHK紅白歌合戦』出場を目標にしているとのことで、「ここからブーストかけて、円神としても個人としてもまとまって、アベンジャーズ集団と呼ばれるように……。日本を代表するトップアーティストになりたいです」と続けました。

ミューズたちとの“新しい交流”のアイデアを披露したのは中林。「開催できるかどうかとは別として……」と前置きしたうえで、「サイン会とか握手会とか、いろいろあると思うんですけど、円神って誰かの背中を押す応援歌が多いので、少しお話したあと、背中を押してバイバイするイベントをやってみたいです」と提案しました。

「Say Your Name」は2月1日にデジタル先行配信がスタート。さらに、3月7日にはオンラインライブの開催も決定しました。公式サイトはこちらから。


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」