日本最大級のサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』が、いよいよ始動しました。2月1日(月)0:00から始まった「オンタクト能力評価」投票の直前には、番組本編の配信に先駆けて、101人の練習生たちとの初めての出会いの場となる特別番組「国民投票開始カウントダウンSP」が動画配信サービス「GYAO!」で公開。今回は、その収録現場の様子をレポートします!

「オンタクト能力評価」投票が開始!

今回の特別番組では、国民プロデューサー代表を務めるナインティナイン(岡村隆史、矢部浩之)、ゲストのニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)、横澤夏子、りゅうちぇるらが、1月30日(土)に発表されたばかりの101人の練習生とオンラインで初対面。練習生たちも、それぞれ得意のパフォーマンスを披露してアピールしました。

前作からのファンで、最終回で「前説」を務めたニューヨークの屋敷は、番組の魅力についてこう語ります。

「本当やったらめちゃくちゃイケメンで幸せに暮らせとった人たちが、わざわざ辛い思いをしにきてるっていう。それがたまらんくて。“がんばれ!”って気持ちになります。」

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』は、韓国の音楽専門チャンネル「Mnet」で放送され、10~20代の男女に圧倒的な人気を誇る大ヒットサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101』シリーズの日本版第2弾です。書類・実技の選考を通過した101人の練習生が、歌やダンスのパフォーマンスを通して、さまざまなミッションに挑戦。国民プロデューサーによる投票で、最終デビューメンバーを選出します。

前作では、101人のなかから選ばれた11人によってグローバルボーイズグループ『JO1』(大平祥生、川尻蓮、川西拓実、木全翔也、金城碧海、河野純喜、佐藤景瑚、白岩瑠姫、鶴房汐恩、豆原一成、與那城奨)が誕生。オリコン週間シングルランキングでデビュー作から2作連続で1位を獲得するなど、日本を代表するボーイズグループとして成長を続けています。

今回始まった投票は、「オンタクト能力評価」投票と呼ばれる番組独自の仕組みで、毎日公開される練習生たちのコンテンツを見て、“推しMEN”に投票していきます。投票期間は2月10日(水)までで、その結果によって、次のステージに進める60人が決定します。

『PRODUCE 101 JAPAN』の魅力は、練習生たちの成長の過程をともに見守っていくところにもあります。特別番組では、JO1の與那城と友人関係だというりゅうちぇるが、「デビューして、どんどんカッコよくなっていった。成長が見られて、友だちとしてすごく尊敬する!」と言えば、佐藤と白岩と共演したという横澤もこう語ります。

「めちゃくちゃカッコよくてメロメロ。原石のうちから見れるということですね。たくさんツバをつけたいです!」

さっそく講師陣からアドバイス

今回は、講師陣からアーティスト・青山テルマ、DA PUMPのKENZO、ラッパーのKEN THE 390の3人が出演。それぞれ指導方針を語りました。

青山は、「もちろん声のトーン、ブレス、ピッチなどの技術も大事なんですが、やっぱりここから巣立って大きなステージに立つということは“見られる側”にもなるので、立ち方やマイクの持ち方など全体的に指導できたら」とコメント。

マイクの持ち方の例として、「カッコつけて、マイクの丸い部分を持つ人がいる。カッコいいんですけど、そこに手をかぶせてしまうと、声がこもっちゃう。オーディションのVTRを見させていただいたんですけど、そういう方が多かった」と注意を促しました。

単にダンスの技術を見るわけではない、と言うのはKENZO。

「人に宿るダンス本来の力を見ていきたい。ダンスのスキルがある・なしがあるとは思うんですけど、まず成長させる部分は“気持ち”です」

また、ラップ指導のKEN THE 390は「ラップって自信を持っていないと、カッコ悪い。自信を持ってパフォーマンスできるように技術を教えていきたい」と語りました。

練習生101人と初対面

いよいよオンラインを通して練習生101人とナイナイらが対面。15歳から27歳まで、さまざまなキャラクターたちが登場します。

コンテンポラリー・ジャズダンスの全米コンテストで優勝経験のある練習生は、振り付けも担当するほどの実力者。「オーディションのときからそうなんですけど、ほかの練習生の方がイケメンしかいない。僕はダンス以外、自信がないので、ダンスだけは負けじと挑戦していきたいです」とアピールポイントを語ります。

まだ20歳にもかかわらず、オーディションで昭和の名曲『高校3年生』を熱唱した練習生は、「僕はもともと健康センターで歌を歌わせていただいていまして、演歌なら自信があります」と告白。横澤やりゅうちぇるらは驚きながら、「いいじゃん!」「めちゃくちゃ鍛えられてる!」と反応します。

このほか、アピールポイントが笑顔だという練習生やテーマパークの元ダンサー、アイドル風の自己紹介をする練習生、さらにフィンランド民謡を熱唱する“変わり種”など、多種多様な101人がトークに参加しました。

ただいま、シーズン2では練習生101名を公開中です。
皆さんも是非、「オンタクト能力評価」で推しMENに投票してみてくだい!

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』公式サイトはこちらから。

番組概要

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2 国民投票開始カウントダウンSP』

配信サイト:GYAO!  ※会員登録不要、無料
配信日時:1月31日(日)23:00~24:00
MC:ナインティナイン
出演:りゅうちぇる、横澤夏子、ニューヨーク、青山テルマ、KEN THE 390、DA PUMP KENZO

アーカイブ視聴はこちらから。


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」