1月8日(金)、広島よしもとがYouTubeチャンネル『広島よしもとブチチャンネル【公式】』に動画を投稿。今回はメンバー(山口提樹、潮圭太)が登場し、「47都道府県のお好み焼きを作ろう」企画を実施しました。

関連記事:衝撃の宇宙規模コラボ!? 広島県住みます芸人・藩飛礼がベジータらDB芸人と盆踊り

 

“北海道”のお好み焼きレシピを公開!

広島お好み焼きをベースに、各都道府県をテーマにしたお好み焼きを作る同シリーズ。今回、メンバーの2人は“北海道”のお好み焼き作りに挑戦しました。

動画では、山口が調理を担当。まずはホットプレートの上に生地を伸ばし、キャベツ、もやしなど、定番の食材を乗せていきます。ここで“北海道ポイント”として、スライスしたじゃが芋が登場。さらに「攻めた北海道ポイント」とのことで、なんとジンギスカンを加えます。

北海道といえば海鮮など数多くの特産品があるため、「入れるもの迷いまくりました」と話す山口。今回は厳選した食材で、お好み焼き作りに挑んだとのこと。

そして麺は札幌ラーメン、ソースは味噌ラーメンのスープを使用。コーンとバターをトッピングし、北海道らしさ満載のお好み焼きが完成しました。

気になるお味は…「新しい」

試食をする場面では、ひと口食べるや否や「いろいろ来る」「新しい」と反応する2人。見た目のインパクトは抜群ですが、肝心の味はというと、潮いわく「味噌ラーメンですよ、ファーストインパクトは」とのこと。さらに山口は「ジンギスカンがめちゃくちゃ強い。不思議な味だ」と感想を述べます。

これまで作ってきた各都道府県のお好み焼きに、順位をつけてきたメンバーの2人。今回の順位はというと、17都道府県中13位とのこと。潮いわく「順位に困る味だった」とのことで、微妙な順位に落ち着いてしまったようです。

■レシピ動画はコチラ

 

“不思議”との感想が飛び出した、今回のお好み焼き。動画を観たファンからは「最後のコーン&バターはずるい! 絶対美味しいやつ」「発想は斬新で面白い!」などの反響が寄せられていました。

『広島よしもとブチチャンネル【公式】』

チャンネルはコチラ


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」