芸人を見るとき、面白さはもちろん、その後ろにあるセンスに心惹かれていたりしませんか?
ラフマガ芸人ライターの田畑勇一です。

芸人のセンスって、他の職業にはない唯一無二のものだと思うんです。
いつもはそれを感じに劇場に行ったりするけれど、今は劇場に足を運ぶのは少し気が引ける。

そんな人におすすめなのが、渋谷PARCOにできた『PARCO de YOSHIMOTO』。

今回はそのPARCO de YOSHIMOTOで、大人気フリーペーパー・月刊芸人の写真展『月刊芸人 PHOTO EXHIBITION @SHIBUYA PARCO』が期間限定で開催されているので、こっそり遊びに行かせて頂きました。

レポ1:約100点の写真で感じられる各芸人たちのストーリー

展示会では16組の芸人の約100点の写真が来場者を待っていてくれます。
芸人たちの等身大から放たれる唯一無二のセンスを切り取った写真たち。
まずはその数の多さに圧倒されます。

その写真たちが見せてくれるのは、いつもの芸人たちの表情から、舞台では見ることのない一人の人間としての表情。
気づいたら何度も足を止めて写真を見ている自分がいました。

西日のトットさんや、

哀愁のもぐら。

がましゅになる前の海野さんまで。

これが無料で無制限なのが本当に最高なところ。
この100点を見ているだけで、閉店時間ギリギリまでになってしまう可能性ありありです。
この写真だけで1日過ごしてしまう人も現れそう。

 

レポ2:オリジナル企画“オリジナルプリントTシャツ”と“俺のプレイリスト”

写真展だけでも1日過ごせるのに、『月刊芸人 PHOTO EXHIBITION』にはオリジナルの企画も用意されています。

そのオリジナル企画の一つが『芸人オリジナルプリントTシャツ』。

16組の芸人のプリントが入った、ここだけのオリジナルTシャツを販売。
ファンにはたまらない企画ですが、普通にTシャツとしてのクオリティも高い。
おしゃれな洋服が並ぶ渋谷PARCOにあっても、引けを取らないセンスとクオリティ。

そしてもう一つが、ニューヨーク・嶋佐の『俺のプレイリスト』。

音楽と共に生きる嶋佐の『俺のプレイリスト』は、ニューヨークファン以外の、音楽ファンにも一目置かれる展示になっています。
新しい音楽に嶋佐を通して出会う。最高ですね。

他にも吉本伝統のフォトプリントも健在でした。

レポ3:吉本社員たちの本気の芸人愛!

今回は、PARCO de YOSHIMOTOを手がける社員さんにも話を聞かせて貰いました。
裏側で芸人を支える熱い気持ちを是非知ってください。

「多彩な才能を持つ芸人さんがネタという一つの軸だけで判断されるのは嫌だし、もうテレビだけじゃ収まらない沢山の才能を持った芸人さんが吉本にはいてくれる。そんな才能のある芸人さんを有名にしたいし、売れさせたい! そして、今までの吉本のイメージを良い意味で僕らも裏切っていきたいし……(以下割愛)」

こんなに芸人愛のある人たちが作った写真展が素敵じゃないわけないのです。

フォトグラファーの越川麻希さんからメッセージ届きました!

今回、芸人の写真を撮られてきた越川さんが、どのように芸人たちを撮ってきたのかメッセージも頂きました。
越川さん、ありがとうございます!

以下、越川さんからのメッセージです。

「劇場やテレビで見れるものとは違う、芸人さんたちの自然体の表情、芸人という職業を目指して走り始めた時から今につながるそれぞれの気持ちを渋谷という街を通して表現できるように狙いました。」

写真展をまわって気づいたのは、展示されている芸人みんなを好きになっていたこと。結局どの芸人も面白くてかっこいい。
そんな芸人の一瞬が詰まっている『月刊芸人 PHOTO EXHIBITION』は、1月27日(水)までの期間限定開催です。
是非、皆さん足をお運びください!

イベント概要

月刊芸人 PHOTO EXHIBITION @SHIBUYA PARCO

日時:2021年1月20日(水)~1月27日(水)
場所:渋谷PARCO 5F 「PARCO de YOSHIMOTO」
入場料:無料
【関連記事】
【報告】くまだまさし、宝くじ100枚の当選結果
【激変】ニューヨーク嶋佐が劇的イメチェン
【写真】おいでやす小田の「小学生が着てそう」な私服
【驚異】アインシュタイン河井の“冬の装い”
【謝罪】チョコプラ松尾から「残念なお知らせ」
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」