出典: 2020 YD Creation

1月18日(月)、ダウンタウン・松本人志が手掛けるAmazon Prime Videoで配信中の『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE』シーズン2が「第25回アジア・テレビジョン・アワード」にてデジタルエンタテインメントコンテンツプログラム部門で最優秀賞を受賞したという情報が届き、ラフマガでもご紹介していました。

SNSにはおめコメも殺到

「アジア・テレビジョン・アワード」は、1996年に創設され、シンガポール、インドネシア、タイ、中国、香港、台湾、日本、韓国、インド、オーストラリア、ニュージーランドなどアジア太平洋地域各国の放送局や制作会社から毎年何千本もの番組がエントリーされ、部門別に最も優れた番組を選出するアジア最大のテレビ番組アワード。
今回、『FREEZE』シーズン2は、優れた配信エンタテイメントコンテンツを表彰する「オリジナルデジタルエンタテインメントプログラム部門」でノミネートされ、数ある作品の中から、最優秀賞を受賞したことが発表され、早速大きな話題となっています。

ダウンタウン・松本人志は同日自身のTwitterを更新し、「どんなもんだい」と大きく笑った絵文字とともに、受賞のニュースを紹介してくれました。
これに対し「おめでとうございます!いくつになっても挑戦する松本さん、まじでかっこいいです!」、「ルールも簡素で分かりやすいですからね、海外ウケも良いと思います。」、「おめでとうございます 65歳で引退とか言わず、これからもみんなに笑いを届けて下さい」、おめでとうございます パート1から観てますが面白い から当然かもしれません、」など、ファンからたくさんのおめコメが到着しています。

『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE』シーズン2は、不動の人気を誇る『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シリーズに続く、「ただ耐え抜く」というかつてない笑いのサバイバル企画。戦いのルールはただ1つ、「動いたら負け」というシンプルだからこそ難しい、大いに笑える作品でした。
襲い掛かる数々の仕掛けに、目の前でどんなことが起きても、驚くことなく、怖がることなく、“氷”のように微動だにしない挑戦者だけが勝ち残ることができるという本シリーズは全5話構成で、全話一挙配信されるやいなや、大きな話題となっていました。

2018年9月に配信開始された前作は、2018年、日本のPrime Videoプライム会員向け見放題作品の全カテゴリにおいて最も視聴された人気コンテンツとなりました。(*2018年内国内配信作品、配信後28日間による統計)

『FREEZE』ファンも湧く、嬉しいニュースとなりました!


【関連記事】
【報告】くまだまさし、宝くじ100枚の当選結果
【激変】ニューヨーク嶋佐が劇的イメチェン
【写真】おいでやす小田の「小学生が着てそう」な私服
【驚異】アインシュタイン河井の“冬の装い”
【謝罪】チョコプラ松尾から「残念なお知らせ」
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」