Amazon Prime Videoで配信されている番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE』シーズン2が「第25回アジア・テレビジョン・アワード」にてデジタルエンタテインメントコンテンツプログラム部門で最優秀賞を受賞したという情報が飛び込んできました!

出典: 2020 YD Creation

アジア最大のテレビ番組アワード

「アジア・テレビジョン・アワード」とは、1996年に創設され、シンガポール、インドネシア、タイ、中国、香港、台湾、日本、韓国、インド、オーストラリア、ニュージーランドなどアジア太平洋地域各国の放送局や制作会社から毎年何千本もの番組がエントリーされ、部門別に最も優れた番組を選出するアジア最大のテレビ番組アワードです。
過去の主な受賞作として、2016年台湾の超大作ドラマ『一把青』(監督賞)、2019年韓国の大ヒットドラマ『SKYキャッスル』(最優秀ドラマ賞)、今回『FREEZE』シーズン2が受賞したデジタルエンタテインメントコンテンツプログラム部門の過去受賞作では、2019年に中国テンセントが制作したスポーツバラエティ『Super Nova Games』があり、日本の作品では2014年『半沢直樹』(最優秀ドラマ賞)、2019年『SASUKE』(最優秀エンターテイメント賞)などアジア各国の良質な番組がこのアワードで表彰されています。
主な部門としては、ニュース、ドキュメンタリー、コメディ、ドラマ、エンターテインメントなどの優れた番組を評価する部門や、脚本、男優・女優、パフォーマー、テーマソングなど番組に関連する優れた人材の業績を称える部門の中から、『FREEZE』シーズン2は優れた配信エンタテイメントコンテンツを表彰する「オリジナルデジタルエンタテインメントプログラム部門」でノミネートされ、数ある作品の中から、最優秀賞を受賞しました。

『FREEZE』シーズン2ってどんな番組?

出典: 2020 YD Creation


2018年9月に配信開始された松本人志が仕掛ける『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE』は、不動の人気を誇る『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』シリーズに続く、「ただ耐え抜く」というかつてない笑いのサバイバル企画です。
戦いのルールはただ1つ、「動いたら負け」。
襲い掛かる数々の仕掛けに、目の前でどんなことが起きても、驚くことなく、怖がることなく、氷のように微動だにしない挑戦者だけが勝ち残ることができます。

出典: 2020 YD Creation


シーズン2には、これまで「絶対に出たくない」と言い張っていた松本自らが参加、長年バラエティで鍛え抜いた忍耐力で、我慢の限界に挑みます。
さらに「チーム対抗戦」という新ルールのもと、各界から豪華メンバーが一挙集結。
松本率いる<芸人チーム>には、前シーズンにも参加したFUJIWARA・藤本敏史のほか、バイきんぐ・小峠英二、霜降り明星・せいやが初参戦。
紅一点の森三中・大島美幸率いる<女性チーム>には、数多くのバラエティ番組に引っ張りだこの野呂佳代、元サッカー日本女子代表の丸山桂里奈、人気モデル・タレントの池田美優(みちょぱ)が参加。
さらに、元K-1ヘビー級日本人エースの武蔵が率いる<チャンピオンチーム>には、新日本プロレスを代表する真壁刀義、本間朋晃、ボクシング3階級王者の亀田興毅らが名を連ねます。

Amazon Prime Videoをチェックして、ぜひご覧ください!

作品概要

『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE(フリーズ)』シーズン2

出典: 2020 YD Creation


出演:ダウンタウン・松本人志、FUJIWARA・藤本敏史、バイきんぐ・小峠英二、霜降り明星・せいや、森三中・大島美幸、野呂佳代、丸山桂里奈、池田美優(みちょぱ)、武蔵、真壁刀義、本間朋晃、亀田興毅
番組サイトはこちら
番組Twitterはこちら

【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」