大ヒットゲーム「サクラ大戦」の生みの親としても知られる、広井王子が総合演出を手掛ける「少女歌劇団」。

2019年に1月からオーディションを開始し、募集資格である11歳から17歳までの736名の応募者の中から最終オーディションを突破した第一期生が決定しました!

「少女歌劇団」とは?

『清く・明るく・麗しく』をテーマに、「和の美意識を体現する少女達」のライブを、関西の専用劇場から発信していく成長型ライブ・エンタテインメント。
日舞、茶道、殺陣、ダンス、歌など日々レッスンに励み、成長していく少女達の姿を見守り、応援していくという新しい形のライブ・エンタテインメントを提案するプロジェクトとなっています。

難関を突破した18名を大公開!

平均年齢はなんと14.05歳。
総勢18名のメンバーが第一期生として決定しました。

なんともフレッシュな第一期生たち!活動期限である20歳の誕生日まで少女歌劇団として活躍していくということで、応援したくなる大人たちが早速増えているようです。

仕掛け人・広井王子は語る

少女歌劇団プロジェクトにたくさんの応募ありがとうございました。
書類審査から始まり、面接・歌・ダンス・合宿テストと長い時間をかけ、少女歌劇団メンバーが決定いたしました。
この第一期メンバーでスタートします。まだまだ原石ですが、これから稽古を積み重ねて、
みなさまの前に素晴らしい少女歌劇をお見せしたいと思っています。どうぞ、ご期待下さい。

今後の彼女たちの活動から目が離せません!

少女歌劇団公式サイト
https://showjokagekidan.com/