2021年が幕を開け丑年がスタートした裏側で、
1人の芸人の驚愕スキャンダル情報を本誌はキャッチした。
直撃取材を試みようと、
本誌は現場へ駆けつけた。
本誌が構えたレンズの先に立つ男、
2019年M-1グランプリ王者!
ミルクボーイ内海だ!


本誌の情報によると、
内海は、
自分の角刈りとは裏腹に、
角のない柔らかな性格の女性がタイプらしい。
一見、真面目そうに見える内海だが、
好きなタイプの女性には、
角刈りより鋭い眼差しと、
得意のけん玉で振り向かせ、
巧みな話術で、
ゆさぶり漫才の時よりも、
女性の心を揺さぶるらしいのだ。
ナニワスパイラル、いや、
ウツミスパイラルといった所だろうか。
そして、
内海には後輩の「もっち」という大男がいるのだが、
どうやら、
その大男「もっち」の陰に隠れて
美女との逢瀬を楽しんでいるようだ。
 
本誌はこの日、
美女と密会するという情報を聞きつけ
内海に直撃取材を試みたが、
内海の口からは、
「取材なんてなんぼあってもいいもんですもんね」
の一点張りだ。

本誌は、張り込みを続け、
何としてもスキャンダルの現場を押さえようと試みたが、
結局この日、
女性にドタキャンされ1人待ちぼうけをくらったようだ。
「もっち」が不在だった事が原因らしい。
よく調べると、
内海には「もっち」がいないと
何もできないようだ。

スーツはダブルだが、
シングルで夜道を後にした。
 
やはり彼は、
プレイボーイではなく
ミルクボーイのようだ。

※これはフィクションです。


【関連記事】
【激似】すゑひろがりず三島のソックリすぎる“弟”
【話題】ゆりやんの-30kgダイエット法
【祝】野爆ロッシーがマヂラブ野田に次ぐ快挙
【衝撃】アインシュタイン稲田「まさかの第2弾です」
【写真】りんたろー。にファンが抱いた“違和感”
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」