1月12日(火)19:00から『池上彰の関西人が知らないKANSAI』が放送されるというニュースが届きました。

関西を誇りに思える情報満載!

出典:関西テレビ

池上彰が、ブラックマヨネーズと関西が大好きな外国人ゲストとともにお届けする“関西人が知らないKANSAI”。
第5弾となる今回は、コロナ禍の今だからこそ伝えたい、関西発祥のアイデア溢れるアイテム、ビジネス、グルメを関西にゆかりのあるゲストを招いて、池上彰がわかりやすく解説します。

海外で超人気の関西老舗ブランド!

出典:関西テレビ

世界でシェアナンバーワンを誇るのは、タカラベルモントの“バーバーチェア”。
東心斎橋にある創業100周年の理容機器メーカー、タカラベルモントは1970年に開催された大阪万博にパビリオンを出展し、イギリス皇室ご用達の理髪店で採用される存在となりました。

2025年には、再び大阪・関西万博が開幕される予定です。
池上が近未来を体験させてくれる展示会として注目を集める万博の歴史をひも解くと、その奥深さにスタジオから驚きの声が上がります。

池上、小杉、吉田の3人で紙芝居!?

出典:関西テレビ

創業98年のハクキンカイロが製造する“ハクキンカイロ”は、エコなアウトドアグッズとして、いまヨーロッパで大人気となっています。
その誕生秘話を池上、小杉、吉田の3人が紙芝居で熱演します。

約40社の製薬会社が集まる、大阪・道修町がなぜ薬の町となったのか、江戸時代からの歴史を池上が解説。
吉田が「よう知らんまま生きてきたな、オレ」とつぶやいた道修町の実態とはいったいどのようなものなのでしょうか!?

小杉が体当たりレポート!

出典:関西テレビ

さらに、小杉が“関西人が知らない”世界のアツアツグルメを体当たりでリポート!
スタジオの外国人ゲストたちも、体が温まる各国のホットドリンクを紹介します。
中には、コロナ対策として飲まれているものもあり、世界のコロナ対策事情から関西発のアイデアあふれる感染症対策を、池上彰が解説します。
新型コロナウィルスに打ち勝つには、私たちはどうすればいいのでしょうか!?

第5弾となる今回の放送でも、知っているようで知らない“KANSAI”の魅力に、スタジオ出演者たちから何度も「知らなかった!」と感嘆の声が上がりました。

ブラマヨも関西の魅力を再発見!

出典:関西テレビ

収録後、池上とブラックマヨネーズの2人に番組の見どころを聞くと、池上は「これまで、関西人が意外に知らない関西の魅力をいっぱい紹介してきましたが、今回は特にコロナ禍で、なかなか遠くに行けない人たちに対して“あ、関西ってこんなにいろいろ見どころがあるんだ”ということが再発見できる番組になっています」とコメント。

これを受けて小杉も「そうですね。逆にこうやって関西にいるから、もっとじっくり見られるチャンスになりましたね」と続けました。

吉田が「恥ずかしながら、散髪屋さんの椅子にまつわる話とか、今回も全く知らんことばっかりでした」と言うと、小杉も「これだけ住んでいて“ああこれは知ってる”というものが1つぐらいあってもええかなと思っていたけど、全くなかったね」と、感心しきりの様子で語りました。

池上、小杉、吉田のトリオ誕生!?

ハクキンカイロの開発秘話を熱演した紙芝居について聞くと、池上は「紙芝居ね、ブラマヨのふたりが夫婦役をやっていて、感動的なお話なんだけど、なんとなく気持ち悪いって感じ」と笑いを誘うと、小杉は「昨年以上に気持ちを込めました! 今年もすごかったですね」と自画自賛。

池上が「トリオでね、3人の息がぴったりって感じが出ましたね」とコメントすると、小杉が「ありがとうございます! ついに今回、トリオって言ってくれてる!」と喜びをあらわに。

吉田が「5回目で!」一緒に喜ぶと、小杉が「トリオいただきました! ぜひこのトリオのね、おもしろい番組を見てもらいたいと思います!!」と締めくくりました。

3人の息がぴったりな『池上彰の関西人が知らないKANSAI』は、1月12日(火)19:00からカンテレで放送されます。

明日誰かに教えたくなる情報が満載なのでお見逃しなく!

番組概要

『池上彰の関西人が知らないKANSAI』

出典:関西テレビ

放送日時:1月12日(火)19:00~21:00(関西ローカル)
解説:池上彰
MC:ブラックマヨネーズ
アシスタント:藤本景子(カンテレアナウンサー)
ゲスト:ハイヒール・リンゴ、笑い飯、岡副麻希、外国人ゲスト


【関連記事】
【激似】すゑひろがりず三島のソックリすぎる“弟”
【話題】ゆりやんの-30kgダイエット法
【祝】野爆ロッシーがマヂラブ野田に次ぐ快挙
【衝撃】アインシュタイン稲田「まさかの第2弾です」
【写真】りんたろー。にファンが抱いた“違和感”
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」