大みそかから新年を迎えた1月1日に放送された『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の正月恒例企画『おもしろ荘』。過去にも多くの芸人が羽ばたき、若手芸人の登竜門となっているこの番組に、2019年5月1日の「令和」になったその日に結成された男女コンビ、Everybody(タクトOK!!、かわなみChoy?)が出演しました。芸風は一言でいえば、アメリカンでポップな「顔芸」。EXIT・りんたろー。に「EXITのEの遺伝子を受け継ぐコンビ」とまで言われる2人に話を聞きました。

2人なら時代を変えていける

――Everybodyは2019年5月1日に結成されたということですが、おふたりの出会いは?
タクト 「令和」になった瞬間に生まれたコンビです!! 僕がNSC(吉本総合芸能学院)東京15期でchoy?が18期なんですけど、その間である17期のスカイサーキット・松本(勇馬)が、「面白い女の子がいる」と連れてきたのがchoy?だったんです。

choy? そこからプライベートで6年くらい仲よくしてもらっていて。

タクト 前のコンビを組んでいたとき、単独ライブにchoy? に出てもらったりしてたんです。僕が解散してピンで2年活動していたんですけど、ちょっとこのままでは難しいな、芸人やめようかなって思ったときにchoy?のことが頭に浮かんで、「まだいたじゃん!」って。僕みたいなキャラクターの、顔芸をやる男の芸人ってけっこういるけど、女性はなかなかいないなと思ったんですよ。僕のDNAを受け継いでくれる人がいた! って。

choy?  仲良くさせてもらうようになってから、タクトの「Face」をずっと学んでたんですよ。

タクト あ、僕ら顔芸のことを「Face」って呼んでるんです。顔芸じゃなくて「Face」! 2人いるからダブルFace!

――(笑)。
choy? で、コンビを組む前、タクトがピンで出演するギャグのライブがあったんです。そこで「ちょっと俺のもうひとつの衣装を着て一緒に出てみなよ」って声をかけられて、出たらめちゃくちゃウケたんです。

タクト 僕のギャグにchoy?がかぶせるだけのものだったんですけど。そのときには、もう僕はchoy?とコンビを組むつもりで、ためしに衣装を着てやってもらおうかなって。

――初めて2人で出た舞台で手応えを感じて、正式にコンビになったわけですね。
タクト choy?とだったら、見たことのない、新しい男女コンビになれるな、と。

choy? 時代を変えていこうって。ふつう10年も芸人をやっていたら、売れるためになにか変えようと思うじゃないですか。でも、タクトはまったく変わってないんですよ。タクトの同期の横澤夏子さんとか、おかずクラブさん、マテンロウさん、デニスさんに聞いてもみんな「タクトはやってること1年目からまったく変わってない」って言う。曲げずにずっとやり通してるのってすごくないですか? だから、もしchoy?と一緒にやったら爆発できるんじゃないかなって思えたんですよね。

『おもしろ荘』に出るために組んだコンビ

――おふたりはもともと、どんな人に憧れて芸人を目指したんですか?
タクト 僕、小学校の卒業文集に「将来の夢:笑っていいとも水曜レギュラー」って書いたんですよ。ナインティナインさんとか爆笑問題さんとか、憧れの芸人さんが集まってて。「俺もそこに行きてえ!」っていうところから『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)にハマって、『爆笑オンエアバトル』(NHK)とかも見るようになって。岡村(隆史)さんとガレッジセールのゴリさんが僕にとっての神でした。「僕が岡村さんになる!」って吉本に入ったくらい。

choy? 私もお笑いはむかしから好きだったし、みんなの前でおちゃらけるのも好きで。その原点はホリケン(ネプチューンの堀内健)さんですね。『笑う犬の冒険』(フジテレビ系)とか『力の限りゴーゴゴー!』(フジテレビ系)を欠かさず見て、「ホリケンサイズ」のマネしたりして。

タクト コンビを組んで、本当は僕がメインで動き回るつもりだったんです。でもヘルニアになっちゃって……。だから、僕は岡村さんになるのをchoy?に託したんですよ。そしたら目指してるのはホリケンさんって言われて(笑)。

――岡村さんもホリケンさんも、言葉だけじゃなく動きや行動で笑わせるタイプですね。
タクト そうですね。使えるものはなんでも使うおふたり。

choy? ホリケンさんも岡村さんも、なにも考えずに見てて楽しいし面白い。それがお笑いの原点な気がして、私たちもそれを目指したいですね。
タクト そうなんですよ。緻密なネタはすごいと思うけど、僕らは頭悪いんでそれはできない。視覚でとらえる面白さ、これだけ!っす。だから、岡村さんを目指してることもあって、Everybodyを組んで最初の目標が「おもしろ荘に出る」だったんですよ。本当に『おもしろ荘』に出るために組んだといっても過言じゃないくらい。

――実際に結成2年目で『おもしろ荘』に出演して、憧れの岡村さんの前でネタができて、どうでしたか?
タクト 本番はうまくいったと思います。岡村さんの声も聞こえてきたし、ちゃんとカマせたんじゃないかなって。僕らのネタって、2人の顔芸でボケて、なおかつリズム芸なんですよ。まさにニュースタイル、everybodyスタイル。

choy? 男女コンビだけど、男女というよりはchoy?がタクトに憧れている妹みたいな関係だし。

タクト アメリカン兄妹みたいな。それもあって、『おもしろ荘』ではほかにかぶってる人がいない。だから爪痕を残せたんじゃないかなー、と思うんですけど!

choy? 絶対みんなの心に残っただろうなと思います。

タクト ネタをやった後、出川(哲朗)さんに「これがおもしろ荘だよ」って言われたんですよ。それがもう胸に刺さって、めちゃくちゃ嬉しすぎて。面白い返しをしなきゃいけないのに「わー!」って言っちゃいました。ただただ夢を見てる青年が喜んでいるだけの状態でした。

次なる目標は『おはスタ』

――「おもしろ荘に出る」という大きな目標を達成したいま、新たな目標は?
タクト 「おもしろ荘に出る」という実現するかわからない目標がクリアできて、やっとスタート地点に立てた感じなんですよね。だから、次また大きな目標を立てないといけないよねって2人で話し合った結果……、

choy? 『おはスタ』(テレビ東京系の朝の子ども向けバラエティ番組)。

タクト の、メインMCを狙いたいです。

choy? 実際に友だちの子どもがマネしてくれたりするので、子どもにウケたいです。あと、個人的にはマクドナルドの「ちょいマック」のCMに出させてほしい。「ちょいちょいちょい!」ってキムタクさんに言いたいです。

タクト ちょいマックはchoy?に出てほしいなー。

choy? あと、『セサミストリート』に出たい。

タクト そう、Everybodyを組んだとき、世界に通用する笑いを目指そうって話したんですよ。だからネタの中でも英語が多くて。

――賞レースはどうですか?
タクト 2020年はM-1に出て2回戦まで行けたので、あとはR-1グランプリで僕とchoy?のどちらかが決勝に行けたらいいですね。

choy? R-1決勝、M-1は最低でも準決勝を目指します!

タクト 漫才でもコントでもなく、史上初の「Face」で決勝に出たいですね。まあ、僕らは賞レースよりはやっぱりテレビとかで活躍できたらなって思います。

choy? choy?の同期は、ひょっこりはんとか、ゆりやんレトリィバァとか、ガンバレルーヤとか、強い人たちばっかりなんですよ。だから負けずに頑張りたい。

タクト 結局、僕らを見てみんながハッピーになればいいなって。

choy? なにも考えずに笑ってくれたらいいなーって思います。疲れてるときとかに私たちを見て、「なんだよこいつらー!」ってムカつきを通り越して笑っちゃうような存在になれたらいいな。

タクト そのために1月1日からSNSも一斉に始めるんで、たくさん見てもらえたらいいですね。

choy? あ、あと1個だけいいですか? 「コロナはeverybodyが倒す」って入れといてください!


Everybodyの公式プロフィールはこちらから。


【関連記事】
【驚愕】かつみ♡さゆりの「鬼滅」ガチコスプレ
【写真】ノンスタ石田が自宅を公開
【祝優勝】マヂラブ野田、同居する“はむはむ”の存在
【爆笑】千鳥ノブ「フワちゃんの敵の弱いやつ」と化す
【話題】EXIT兼近の「チャラくない」ガチ私服
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」