お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が製作総指揮・原作・脚本を務めるアニメーション映画『映画 えんとつ町のプペル』が12月25日(金)から全国公開されました。TOHOシネマズ六本木ヒルズ(東京都港区)で開かれた初日舞台挨拶では、西野のほか、芦田愛菜、窪田正孝ら主要キャストが登壇。アフレコ現場のエピソードや、それぞれの意外な「来年の目標」で盛り上がりました。

©西野亮廣/『映画えんとつ町のプペル』製作委員会
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

累計発行部数60万部突破という驚異的なロングセラーを続ける絵本「えんとつ町のプペル」を映画化した本作。黒い煙に覆われたえんとつ町を舞台に、父親を信じて町のみんなから嘘つき呼ばわりされたルビッチ(声:芦田愛菜)とゴミから生まれたゴミ人間・プぺル(声:窪田正孝)が出会い、大冒険をするが……というアニメーション映画です。

この日のイベントには、3人に加えてルビッチの母親・ローラ役の小池栄子、ルビッチの元友だちデニス役のJO1・大平祥生、そして廣田裕介監督が登場しました。

窪田が出した「ゴミ人間」の正解

イベントでは、西野も参加したアフレコ現場の話で大盛り上がり。「ゴミ人間」という架空のキャラクターを演じた窪田は、悩みながら作り上げていった過程をこう振り返ります。

「無垢って難しいし、普通って難しいし、人間ってついているけどゴミだし。人じゃないから、声にしちゃいけないのかな、とか。ルビッチというか、愛菜さんと出会って僕(プペル)は形成されているので、僕にとって監督は3人(廣田監督、西野、芦田)です」

©西野亮廣/『映画えんとつ町のプペル』製作委員会
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

一方、「ゴミ人間」については正解がないと言う西野。スタッフも含めて全員が手探りの状態で話し合っていく中で、窪田が正解を出してくれたと明かします。

「窪田さんがアドリブを入れてくださるんですよ。ゴミ人間が映っていないところで声を入れてくださっているんですけど、これが本当に面白い」

そんな窪田に芦田も手放しで称賛します。

「一緒に演じさせていただいたおかげで、協力するシーンは楽しかったですし、すごくウルウルきましたし、窪田さんが(私を)ルビッチの気持ちにさせてくださいました」

©西野亮廣/『映画えんとつ町のプペル』製作委員会
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

いつから夢を語らなくなったんだろう

声優初挑戦となったJO1の大平は、収録をこう振り返ります。

「めちゃくちゃ難しかったんですけど、西野さんが助けてくださいました。終わった後は、達成感やホッとした気持ちになりましたね」

そんな大平について、西野は「すごく練習してきてくださったんですよ。その跡が見えたので、チームが締まりました。大平さんとの時間はとても楽しかったです」とコメント。収録ではたくさんの注文をしたそうで、「ヘソを曲げないというか。こっちがどんだけリクエストしても、『じゃあこれはどうですか?』『こっちは?』って、誠実に向き合ってくださって最高でした」と話しました。

©西野亮廣/『映画えんとつ町のプペル』製作委員会
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

一方で、アフレコ現場の西野について、「普通に芝居の演出を受けたいと思うほど的確で、引き出してくださった」と話したのは小池。作品いついては、こんな感想を語りました。

「感動して涙はしたんですけど、悔しさみたいなものもあって……。ルビッチとプペルを見て、いつから私は夢を語らなくなったんだろうって思いました。大人になると、できること、できないことを決めて、自分で限界を作っていましたね。ルビッチとプペルに出会えてよかったな、と思いました」

©西野亮廣/『映画えんとつ町のプペル』製作委員会
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

「ジャージで1年間頑張ります」

映画では、プペルとルビッチが星を探す冒険に出ます。そこで、出演者たちがそれぞれ自分の「来年チャレンジしたいこと」を発表することに。西野が挙げたチャレンジは、なんとYouTuber! 本気とも冗談ともつかない口調で、こう宣言します。

「来年はYouTuberになります。(名前は)ニシサックです。(相方の梶原雄太が)“カジサック”で頑張っているんで、映画が終わったらニシサックとしてジャージを着て、1年間頑張ります」

さらに、「2021年1月1日からニシサック1本で頑張ります。(カジサックとの)共演もあるかもしれません!」と畳みかけました。

一方、大平のチャレンジは「ワサビを食べられるようになる」。西野たちが思わず、「カワイイ!」とこぼすなか、大平がこう続けます。

「僕、お寿司大好きなんですけど、ワサビが食べられなくて……。20歳にもなったので、そろそろ大人の味を味わいたいなって」

©西野亮廣/『映画えんとつ町のプペル』製作委員会
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

このほか、小池が「体力づくり」、廣田監督が「Twitterを開始」、窪田が「キャンプ」、芦田が「ラジオで葉書を読まれたい」といった“庶民的”な挑戦ばかりだったことから、西野が「こんなもん、初日の舞台挨拶で言うことじゃない!」とツッコミを入れて笑いを誘っていました。

『映画 えんとつ町のプペル』は、全国の映画館で上映中です。

作品概要

『映画 えんとつ町のプペル』

©西野亮廣/『映画えんとつ町のプペル』製作委員会
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

製作総指揮・原作・脚本:西野亮廣
監督:廣田裕介
アニメーション制作:STUDIO4℃
製作:吉本興業株式会社
配給:東宝=吉本興業
原作:「えんとつ町のプペル」にしのあきひろ著(幻冬舎刊)
12月25日(金)から全国公開

公式サイトはこちらから。

【関連記事】
【激似】すゑひろがりず三島のソックリすぎる“弟”
【話題】ゆりやんの-30kgダイエット法
【祝】野爆ロッシーがマヂラブ野田に次ぐ快挙
【衝撃】アインシュタイン稲田「まさかの第2弾です」
【写真】りんたろー。にファンが抱いた“違和感”
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」