やっと寒くなりましたね。
クリスマスなので、恋愛の話をしないとしゃーないといったところでしょうか。
しますします。落ち着いてください。
焦らない!
深呼吸して。

吸ってー

吐いてー

オッケーでしょうか?

もう一回ぐらいやりましょうか。

吸ってー

吐いてー

……はい!
じゃあ始めていきたいと思います。

クリスマスが近づくと「彼氏彼女が欲しい」という声がよく聞こえてきます。
素晴らしい気持ちですね!!
それに伴い、焦って悩んでる方も多いと思います。
……頑張れとしか言いようがありません!
なぜならクリスマスというイベントは、恋愛にとってどうしようもなく最強イベントだと思うからです。

そもそもなぜクリスマスに恋人が欲しくなるのか、おそらくキュンキュンしたいからだと思います。
イルミネーションが恋人の輝きを演出。
プレゼントは、相手が自分のために少しでも時間を割いてくれたことの証明。
恋人の体が使った気体の残りカスである白い吐息は可視化でき、さらに自分の体が使った気体の残りカスである白い吐息と混ざり合う。
キュンとするしかない状況ですね。

何より冬のイベントというところがミソやと思うのです。
変な話、クリスマスがもしこの世に無くても、冬になったら恋人が欲しくなってたと思うのです。
なぜかというと、冬って他の季節より攻撃的じゃないですか? 外気が。
刺されるような寒さの中で、1人で外に出ると空気に攻撃され、味方が欲しくなるような気がするんです。生命の弱さを、生物の逆境を感じさせられるのが冬だと思うのです。
……あくまで僕は。
その中でひとりぼっちの寂しさを痛感するような気がするのです。
もしクリスマスが夏やったらと想像してみてください。
なんていうか、そないじゃないですか?
キュンキュンしなさそうじゃないですか?
南半球の夏のクリスマスってキュンキュンイベントなんかな? 絶対違うような気がする。
日本で言うところの七夕の気がする。
キュンキュンイベントやったとしても、北半球のクリスマスの方が絶対にキュンキュンしてそう。
でも、逆に七夕はキュンキュンしてそう。

とにかく冬ということがでかいと思います!
ちなみに夏も暑いから外気が攻撃的じゃないのかと言う声が聞こえてくるかどうかはわかりませんが、自分自身で疑問に思ったので考えました。
夏はたぶん暑さが敵なので、恋人の体温も敵になるのではないでしょうか。
以上です。

お互い輝きあってる中で、相手の思いやりを感じながら、お互いの体が使用した気体の残りを交わらせ、なおかつ周りは寒さという敵に囲まれている。これが北半球のクリスマス。最強すぎる。
そりゃ恋人欲しくなる。僕の思いとしてはクリスマスに向けて恋人を作ろうと焦ってる人に、焦らなくていいよと言いたかったのですが、無理です。南半球に移住してみては? くらいしか言いようがありません……。
諦めましょう、諦めて、胸を張って焦りましょう! 後ろ向きにならず前向きに焦るしかない!


後は任せた!

ガンバ!!!

P.S ちなみに僕は女の子が喜ぶから一応最初の方はプレゼントをあげますが、付き合いが長くなるともうええやんって言う派です。クリスマスをそんなに一大イベントやと思ってません。
だってクリスマスじゃなくてもプレゼントあげるから。
クリスマスじゃなくても喜ぶ顔が見たいから。


【関連記事】
【激似】すゑひろがりず三島のソックリすぎる“弟”
【話題】ゆりやんの-30kgダイエット法
【祝】野爆ロッシーがマヂラブ野田に次ぐ快挙
【衝撃】アインシュタイン稲田「まさかの第2弾です」
【写真】りんたろー。にファンが抱いた“違和感”
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」