数多くの芸人が、優勝を目指して切磋琢磨する“賞レース”。コロナ禍の影響に見舞われた2020年は、感染対策徹底のうえ数々の大会が開催されました。

今回は、2020年の賞レースで優勝を果たした芸人たちをご紹介します。

関連記事:マヂラブ、M-1優勝の裏に千鳥の助言「“絶対に変えるなよ”って言ってくださった」

 

「M-1」も優勝!野田クリスタルが「R-1」王者に

出典: @nodacry

3月8日(日)には、“ひとり芸”のNo.1を決める『R-1ぐらんぷり2020』(関西テレビ・フジテレビ系列)の決勝が開催。応募総数2,532名の中から勝ち上がった12名が参戦しました。

そんな中、熱戦を制して王者となったのは、『M-1グランプリ2020』(テレビ朝日系)でも優勝を果たしたマヂカルラブリー・野田クリスタル。ピンでの出場となった本大会では、自ら手掛けたゲームを用いたネタで爆笑をさらいました。

大会翌日、野田は自身のTwitterにて、トロフィーの写真とともに「やっぱり優勝してる そんな事ある?」と投稿。激戦を勝ち抜いてつかみ取った優勝に、まだ夢見心地な心境を綴りました。

関連記事:R-1王者はマヂラブ野田!大会史上初“無観客”に「有利だなと思った」

 

「ABCお笑いグランプリ」優勝はコウテイの手に

出典: @ziiya555

7月12日(日)に開催された『第41回ABCお笑いグランプリ』(朝日放送テレビ)では、デビュー10年以内の若手芸人が熱戦を繰り広げました。ファイナルステージに進出した3組のうち、見事王者となったのはコウテイ(下田真生、九条ジョー)。

大会翌日、下田はTwitterにて「ABCお笑いグランプリ優勝しました!ほんまに嬉しい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」と投稿し、喜びを爆発。一方、九条は過去を振り返りつつ、「ボクらが1番面白い!!!」と、優勝直後の2ショットを披露しました。

関連記事:「コイツじゃないとダメと思えた…」“コンビ仲悪い芸人”コウテイが「ABCお笑いグランプリ」頂点に!

 

「ytv漫才新人賞」はビスケットブラザーズ

8月2日(日)には、9回目の開催となった『漫才Loversスペシャル ytv漫才新人賞決定戦』(読売テレビ)の決勝が行なわれました。蛙亭やニッポンの社長など、実力コンビが決勝に駒を進めた結果、見事優勝を勝ち取ったのはビスケットブラザーズ(きん、原田泰雅)。

きんは、Instagramに「優勝しました!!!!!やったーーーーーー!!!!」と喜びのコメントを添え、舞台上で目録を手にした写真を投稿。「その名に恥じない様に精進します!!!」と今後の意気込みも綴りました。

関連記事:「実は2本目のネタで…」明かした涙の理由 ビスケットブラザーズが「ytv漫才新人賞」頂点に!

 

歌ネタNo.1はさや香の2人

9月16日(水)には、歌ネタのNo.1を決定する『歌ネタ王2020』(MBSテレビ)の決勝が生放送で開催されました。最終ステージでは、うしろシティ、きつねと熾烈な戦いを繰り広げた結果、さや香(新山、石井)が頂点に立ちました。

大会翌日、石井はInstagramにトロフィーや目録を手にする写真を投稿。「今月初の仕事が歌ネタ王、ホンマにギリギリ間に合った」「急に大学でダンスサークル入った自分を褒め称えたい!!」と、これまでの道のりを振り返りました。

関連記事:最終同点からの1位に!歌ネタ王・さや香、優勝は「超ラッキー」

 

ジャルジャルが“コント王”に

出典: @junpei_jg

9月26日(土)には、“真のコント王”日本一を決める『キングオブコント2020』(TBS系)が開催。第13代目キングに輝いたのは、ジャルジャル(後藤淳平、福徳秀介)の2人でした。

2008年から大会に挑戦し続け、今回で4度目となる決勝にてようやく優勝をつかみ取ったジャルジャル。大会後、後藤は自身のInstagramにて「やっと優勝することができました!」と報告。「皆さまに感謝です」とファンへの感謝を綴りました。

関連記事:ジャルジャルがついにコント王! 新婚・福徳が妻への感謝「帰ったら言うがな!」

 

オズワルド伊藤は優勝賞金を一晩で!?

出典: @ozwalditou

10月17日(土)に開催されたのは、今年で第6回目の実施となる『マイナビLaughter Night』(TBSラジオ)のチャンピオンライブ。同番組の月間チャンピオンが集う本大会では、オズワルド(畠中悠、伊藤俊介)が優勝を果たしました。

関連記事:『マイナビ Laughter Night』第6回グランドチャンピオンはオズワルド!

 

大会後、自身のTwitterにて、畠中は「国民の皆様に寄り添い、ともに成長していけるようなチャンピオンになりたいと思います!」と、チャンピオンとしての抱負を投稿。一方、伊藤は賞金の使い道と思われる焼き肉の写真を公開し、なんと一晩で40万近くを使ったことを告白。これにファンからは「スゲー漢気!」「本当に使い切ったんですね!凄!」と驚きの声が寄せられていました。

関連記事:一晩で40万…!? オズワルド伊藤、優勝賞金の“粋”な使い方に反響「スゲー漢気」

 

優勝から50日経った現在も…

10月30日(金)には、上方演芸界の登竜門である『NHK上方漫才コンテスト』(NHK)が開催。第50回という節目の年のチャンピオンには、結成10年目のネイビーズアフロ(皆川、はじり)が輝きました。

関連記事:『上方漫才コンテスト』優勝・ネイビーズアフロが語る「同級生じゃなかったら解散してた」

 

優勝翌日、Twitterにて「第50回NHK上方漫才コンテスト優勝しました」と喜びの声を投稿した皆川。しかし、“優勝報告”はそれで終わらず……皆川はなんと大会以降毎日「優勝しました」と投稿しており、50日以上経過した現在でも同投稿を続けています。果たしていつまで“優勝報告”が続くのか、ファンの間でも注目が集まっている模様です。

関連記事:賞レース優勝芸人、“ご報告”の毎日投稿が話題に「12日前にオンエアされた…」

 

“若手芸人の登竜門”、令和ロマンに栄冠

11月1日(日)に行なわれた結成10年未満の芸人を対象とする『NHK新人お笑い大賞』(NHK)では、総勢272組のお笑い芸人の中から、令和ロマン(髙比良くるま、松井ケムリ)が優勝しました。

賞レースで初めての栄冠をつかみ取った髙比良は、大会終了後にTwitterにて「めっちゃラッキーです最高です」と喜びの声を投稿するとともに、「徳を積むために同期をシュラスコに連れてきています」と、食事を楽しむ姿を披露しました。

関連記事:3年目ルーキー・令和ロマンが『NHK新人お笑い大賞』優勝! 「第9世代のスタメンに入れた」

 

マヂラブが「M-1」王者に!

出典: @mlmurakami

12月20日(日)には、『M-1グランプリ2020』(テレビ朝日系)が開催。過去最多となる5,081組がエントリーした今年、10組が決勝の舞台に立ち、見事マヂカルラブリー(野田クリスタル、村上)が優勝を手にしました。

大会後、村上は「とりあえず三万八千円のアパート帰ってきました。落ち着く」と一息ついた様子を投稿。続けて「やったね!ピース!」と喜びを綴り、ファンから多くの祝福が寄せられていました。

関連記事:新M-1王者マヂラブ野田が3冠宣言「俺は止まらねぇ! お笑い王になる!」

 

数々の賞レースが開催された2020年。芸人たちが舞台上で繰り広げる熾烈な戦いに、大きな注目が集まりました。

『#よしもとリール王決定戦』

日時:12月27日(日)21:30~22:30
出演:
【大会アンバサダー】ゆりやんレトリィバァ、おばたのお兄さん
【審査員】板尾創路、次長課長・河本準一、山田菜々
【MC】タケト
【決勝進出者】エルフ・荒川、プラス・マイナス岩橋良昌、ウエスP、宇都宮まき、ラフレクラン・きょん、しゃかりき、THE GREATEST HITS・三戸キャップ

ご視聴はコチラから!

【芸人記事まとめ】


【関連記事】
【驚愕】かつみ♡さゆりの「鬼滅」ガチコスプレ
【写真】ノンスタ石田が自宅を公開
【祝優勝】マヂラブ野田、同居する“はむはむ”の存在
【爆笑】千鳥ノブ「フワちゃんの敵の弱いやつ」と化す
【話題】EXIT兼近の「チャラくない」ガチ私服
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」