出典: M-1グランプリ事務局

漫才日本一を決める『M-1グランプリ2020』(ABCテレビ・テレビ朝日系)。
本日12月20日(日)、熾烈な争いの結果、マヂカルラブリーが見事優勝しました!

今回の決勝進出者は…

出典: M-1グランプリ事務局

コロナ禍で大会の開催自体が危ぶまれた2020年。過去最多となる5081組がエントリーした戦いを勝ち抜いたのは、アキナ(山名文和、秋山賢太)、マヂカルラブリー(野田クリスタル、村上)、見取り図(盛山晋太郎、リリー)、錦鯉(長谷川雅紀、渡辺隆)、ニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)、おいでやすこが(こがけん、おいでやす小田)、オズワルド(畠中悠、伊藤俊介)、東京ホテイソン(たける、ショーゴ)、ウエストランド(井口浩之、河本太)の計9組に加え、敗者復活戦を勝ち上がったインディアンス(田渕章裕、きむ)を含めた10組。
どのコンビが優勝するのか、注目が集まっていました。

決勝戦のファーストステージを見事勝ち上がりファイナルステージへと駒を進めたマヂカルラブリー、見取り図、おいでやすこがの3組が熾烈な頂上決戦を展開。
結果、勝利の栄冠を手にしたのはマヂカルラブリーでした!

優勝賞金1,000万円が贈られ、今夜人生が変わった瞬間となりました!

おめでとうございます!


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」