漫才日本一を決める『M-1グランプリ2020』(ABCテレビ・テレビ朝日系)が、12月20日(日)に放送されます。ラフマガでは、史上最多となる5081組から勝ち残ったファイナリストたちに連続インタビュー。今回は、3年連続の決勝進出を決めて勢いに乗る見取り図(盛山晋太郎、リリー)の決勝直前インタビューをお届けします。

コロナ禍で大会の開催自体が危ぶまれた2020年。激戦を勝ち抜いたのは、アキナ(山名文和、秋山賢太)、マヂカルラブリー(野田クリスタル、村上)、見取り図(盛山晋太郎、リリー)、錦鯉(長谷川雅紀、渡辺隆)、ニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)、おいでやすこが(こがけん、おいでやす小田)、オズワルド(畠中悠、伊藤俊介)、東京ホテイソン(たける、ショーゴ)、ウエストランド(井口浩之、河本太)の計9組です。決勝では、これに敗者復活組を含めた10組が優勝を目指して争います。

関東勢が多い今回の決勝メンバーのなか、大阪・よしもと漫才劇場を拠点にする見取り図。“常連組”としてのプレッシャーを口にしつつ、「自分たちがやるべきことをやるだけ」と言う2人がいま、思うことは……?

“常連組”と呼ばれる側になると思わなかった

──決勝進出が決まった瞬間の心境から聞かせてください。

盛山 1年目からずっと、うれしさは変わらないですね。ただ、やっぱりちょっとプレッシャーも感じました。2年前に初めて決勝に出た時は、まさか自分たちが“常連組”と言われる側になると思わなかったですし、今大会には3年連続(の決勝進出)というコンビもいないんで。

リリー プレッシャーでいったら、今年がいちばんあったと思うんです、自分の中で。だから決まった時は、本当にうれしかったですね。

──決勝進出者発表会見で、盛山さんが、コロナ禍のなかで『M-1』が無事に開催された喜びを語っていたのが印象的でした。

盛山 『M-1』って、お笑いの賞レースの最高峰じゃないですか。『M-1』があることで、芸人も、見てくださる方も、絶対に前向きになれると思う。こういう時代やからこそ、『M-1』の日だけでも、観てる瞬間だけでも、イヤな世の中の流れが変わればいいなと思ってます。

──今年の予選を振り返って、いかがでしたか?

盛山 もちろんいつもとは違ったんですけど、やってることはあんまり変わらなかったですね。ソーシャルディスタンスの関係で観客の動員数が半分になっていようが、芸人側の「面白い漫才を作る」という気持ちは変わってないと思います。決まっていた単独ライブやイベントが軒並み中止になって、どれだけネタを作っても見せる場がないという状況は確かにちょっと困りましたけど、僕らだけじゃなく芸人全員がそうだった。「よーい、ドン!」のスタートが遅れただけやし。

リリー まあ、2カ月間ぐらい時間が止まってた時期があったんでね。例年なら12カ月かけて2本の漫才を作るところが、今年は10カ月で作ったことになる。そこは単純に大変でした。

リリー「今年がラストと思ってやっている」

──準決勝では手応えを感じましたか?

リリー お客さんの数が去年と違うので、比べようがなかったというか……。

盛山 (感染拡大防止のため)ほかの芸人のネタも見られない状況だったんで、どのコンビがウケてるとか、自分たちがどれぐらいウケてるとか、まったくわからなくて。だから今までで、いちばん不安だったかもしれない。(決勝進出が)決まった瞬間は、「うれしい!」という感情の後、すぐに険しくなりました。「本番までどういうプランニングにしていこう?」と。

リリー 確かに。一瞬、すごい落ち着いたけど、すぐに「次は決勝か」という緊張感がきたな。

盛山 ただ、こんな大変な時期にもかかわらず、劇場にはお客さんが来てくださっている。決勝に向けてネタをかけられる(磨ける)場所があるのはホンマにありがたいです。

──ここまで戦ってきて、いま相方に思うことは?

リリー 毎年、『M-1』のシーズンになったら太っているので……このまま行くと、ラストイヤーにはどれぐらいのツワモノになっているのかな、と。

盛山 いや、実際、毎年5キロずつぐらい太ってるけど、『M-1』関係ないから。

リリー ただ太ってる(笑)。

盛山 『M-1』の時期に合わせて太りに行かないんで。なんなら痩せたいぐらいや。僕から相方に思うことは……「優勝しよう」しかないですね。

──決勝に向けて、なにか自分に課していることはありますか?

盛山 できるだけ鼻を触らないようにします。(昨年、審査員のナイツ・塙宣之に指摘された後、注目されて)ものすごく辛い時期がありましたね。いっときは鼻ちぎろうかなと思ったこともありましたから(笑)。あとは、普段の劇場や通常公演と変わらない漫才をしたい。普段ぐらいノビノビできたらな、と。まあ、これは絶対無理なんですけど。

リリー “課してる”ことになるのかわからないですけど、僕は「今年がラスト」と思ってずーっとやってます。「来年もある」と思ったら、また甘えとかが出てくるんで……ホンマにずっと「今年で決める」という気持ちできました。

盛山「甥っ子が漫才してると思って見て」

──では、決勝の舞台で相方に求めることは?

リリー たぶん当日は、勝とうが負けようが、絶対に興奮すると思うんですよ。だから、寝る時は寝かしつけてほしいですね。

盛山 気持ち悪いやん。

リリー トントンしてほしいです。

盛山 僕からは、ヘンなこと言ってもあんまり焦らんといて、かな。去年、(決勝のネタ中に)噛んだ時に「お昼に爆竹食べました」と言って、相方を焦らせてしまったんで……今年は僕が緊張しすぎてヘンなことを言っても焦らないでください。

──「自分たちの漫才のココを観てほしい!」というところを教えてください。

リリー 何をするかも決まってないからなあ。

盛山 ネタが決まってないもんね。「ココを観てほしい」というより、3年連続だと思わんと見てください、と(笑)。できれば甥っ子が漫才してると思って観てほしいですね。

リリー そしたら絶対に面白いもんな。

盛山 “3年連続”のハードルは取っ払って、甥っ子がお遊戯会で発表してると思っていただけたら。

──ネタをやり終えた後は、どんな気持ちでいたいですか?

盛山 去年のネタ終わりは、やりきった感というか、すごく気持ちよかったんです。でも、次のミルクボーイさんですぐ「あ、無理だ」とわかって。

リリー 暫定3位ということで、終わった瞬間は「ヨッシャ!」「2本目できるかも」と思いました。結局ダメだったんですけど、そんなに悔いは残ってないですね。あの時は、「そりゃあ、ミルクボーイさんやろ」と思ったし。

盛山 今年は最後まで、いちばんワクワクしてるコンビでいたいですね。

リリー まずはベストを尽くして、とにかく自分たちのやるべきことをやるだけです。

優勝したら脂肪吸引で“Matt化”!?

──ファイナリストの中で気になるコンビは?

盛山 おいでやすこがさん。(ピン芸人同士が組んだ)ユニットで決勝に上がってきたコンビは初めてなので、審査員さんたちがどういうふうに評価するのか、会場がどんな空気になるのかも気になる。むかしから(おいでやす)小田さんとはお付き合いさせていただいてて、すごい面白い方なのはわかってるから、いちお笑いファンとして楽しみです。

──優勝したら、賞金を使ってやってみたいことはありますか?

盛山 脂肪吸引して痩せます。あと歯も入れて、むちゃくちゃキレイになりたい。

リリー (笑)

盛山 最近、芸人のアンチエイジングブームがすごいんですよ。みんな美容に目覚めてるんです。そこに僕も仲間入りしようかと。痩せて歯も入れて、Mattさんみたいになりたい。優勝したら“Matt化”ですね。

リリー 僕は、M-1ネックレスを作ろうと思ってて。ラッパーとかが着ける18金のゴツイやつ。ちゃんとしたところに頼んで、賞金分ぐらいのものを作って、テレビに出る時とかに着けようと思います。

──では最後に、おふたりにとって漫才の魅力とは、そして『M-1』とは?

盛山 マイクがなくても、人が2人、まあ3人でもいいんですけど、立ってしゃべってたらそれだけで漫才になる。道具も何もいらないから。

リリー コントにはセットとかもあるけど、漫才は全員が同じところからスタートっていうのがね。そこから差を付けて行くっていう。

盛山 そういうところがカッコいいですね。

リリー 『M-1』は、最強の味方であり、最強の敵かもしれない。売れるためには『M-1』で優勝するのがいちばん早い、という意味では味方なんですけど、それにどれだけ悩まされるか。

盛山 そうですね、両面を持ってると思います。

『M-1グランプリ2020』決勝は12月20日(日)18:34~22:10に、ABCテレビ・テレビ朝日系列で全国ネット生放送。敗者復活戦は同日14:55~17:25に行われます。

見取り図の公式プロフィールはこちらから。

番組概要

M-1グランプリ2020決勝
放送日:12月20日(日)18:34~22:10
放送:ABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット生放送
司会:今田耕司、上戸彩
審査員:オール巨人、上沼恵美子、立川志らく、サンドウィッチマン・富澤たけし、中川家・礼二、ナイツ・塙宣之、ダウンタウン・松本人志 ※50音順
出場者:アキナ、マヂカルラブリー、見取り図、錦鯉、ニューヨーク、おいでやすこが、オズワルド、東京ホテイソン、ウエストランド

M-1グランプリ2020 【敗者復活戦】
放送日:12月20日(日)14:55~17:25 ※一部地域除く
放送:ABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット生放送

 


【関連記事】
【話題】山田花子、息子を公開
【共感】“こがけんさんって”…発言に「私も思ってました」
【写真】ぼる塾あんりに「痩せた」の声
【衝撃】月亭方正の「男前」な別人級ショット
【激似】ノンスタ石田家の三姉妹「そっっっくりです」
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」