12月23日(水)に発売される(※一部地域を除く)結婚情報サービス『ゼクシィ』2月号に、グローバルボーイズグループ・JO1を起用した「彼専用ゼクシィ」がとじ込み付録として発売されるというニュースが届きました!

夫婦もチームワーク!

出典: 『ゼクシィ』2月号

今年3月にデビューし、人気急上昇中のJO1。今回、花婿向けの結婚準備BOOK『彼専用ゼクシィ』に初登場します。
夫婦が一丸となるためのアドバイスやヒントを、チームワーク抜群のJO1に聞いてみました。

今回、人生で初めてタキシードを着たという豆原一成は「色も各メンバーのカラーになっていて、お母さんに見せてあげたい気持ちになりました」と楽しそうに話し、こちらもタキシードは人生初めてという大平祥生は「スーツとかタキシードを着るお仕事をするのが夢だったので嬉しかった」と笑顔。
また、『ゼクシィ』のイメージをJO1リーダーの與那城奨に聞くと「一生を共にする夫婦としての生き方や考え方のアドバイスをまとめているというイメージで、今回のお話を頂けてとても光栄でした」となんともリーダーらしい答えが!

JO1流・ぶつかったときの仲直りの仕方

出典: 『ゼクシィ』2月号

今回の企画の主旨が「新生活や結婚準備も、夫婦がチームとなって乗り越えてほしい」というものだったため、総勢11名のJO1のメンバーたちに、仲良しでいられる秘訣やぶつかってしまったときのアドバイスについても質問。
「チーム1の気遣い屋」だという川尻蓮は「人間なんですよ、僕らは。いくら仲が良くても異なる部分があるし、それを受け入れ続けてあげることが大事。そうしたら喧嘩は起こらないんじゃないかな」と23歳とは思えない大人な回答。一方、何かあったときにメンバー間の調整をすることもあるという川西拓実は「喧嘩したときはお互いに冷静じゃないので、時間を空けたほうがいいと思う。一晩待つとか。ちゃんとひとりで考える時間を持つことは大事だと思うので」と答えてくれました。

2020年を表す漢字1文字と2021年の抱負は…

出典: 『ゼクシィ』2月号

デビューから新曲リリースまで「初めて」づくしだった2020年も残りわずかということで、今年1年を振り返る漢字1文字を選んでもらうと、豆原は「浮」をチョイス。「初めてのことばかりで、冷静になれないことや焦りもあり、地に足がついていないような感覚の1年だったので」と多忙だった2020年を振り返りました。白岩瑠姫は「壱」を選び、「JO1という“壱”つのチームになったし、第“壱”章のスタートでもあるし、ファンミーティングなんかは人生で“壱”番幸せな瞬間だったので、たくさんの“壱”が詰まった1年でした」と話してくれました。
さらに、2021年の抱負を聞くと、メンバーからは全員一致で「お客さんを呼んでライブをしたい」という回答が。「今年できなかったので、来年こそは生でより多くの人に感動を与えていきたいです」と異口同音に答え、ここでも目線のそろったJO1のチームワークを見せてくれました。

出典: 『ゼクシィ』2月号

『ゼクシィ』2月号には巻頭大特集として「ゼクシィと#2020婚花嫁208人が、全力サポート! ふたりで進む 新時代の結婚準備のすべて」が掲載されています。
また豪華綴じ込み付録には「結婚のお金」ランキングBOOK、手続き・届け出BOOK、そして彼専用ゼクシィfeat.JO1が……!
特別付録としてJILLSTUARTの「有能すぎるレザー調マルチケース」もついてきます!

YouTubeの『ゼクシィ』チャンネルでは、今回の撮影の様子をまとめたメイキング動画を期間限定で公開中です。撮影に臨む際のJO1ならではの空気感や、インタビューでメンバー同士が掛け合いをする様子などが見られますのでぜひチェックしてみてください。
URLはこちらからチェック!

書籍概要

『ゼクシィ』2月号

出典: 『ゼクシィ』2月号

発売日:12月23日(水)発売
特別付録:JILLSTUART 有能すぎるレザー調マルチケース
巻頭大特集:ゼクシィと#2020婚花嫁208人が、全力サポート! ふたりで進む 新時代の結婚準備のすべて
綴じ込み付録:
・[結婚のお金]ランキングBOOK
・手続き・届け出BOOK
・彼専用ゼクシィfeat.JO1

【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」