4月25日(木)、TOHO シネマズ六本木にて映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』カーペットイベント&舞台挨拶が開催。声優を務めた極楽とんぼ・加藤浩次をはじめ、米倉涼子、竹中直人、内田有紀、山寺宏一、遠藤憲一、溝端淳平、秋元才加、ももいろクローバーZ・百田夏菜子と豪華出演者が登壇しました。

「アベンジャーズ」シリーズの完結編となる本作。昨年公開された『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では、“サノス”によって、人類の半分が消滅させられ、アベンジャーズチームも崩壊。消えた人類を取り戻すべく、生き残ったアイアンマンらがサノスに立ち向かいます!

最初は戸惑ったロケット役

声優を務めたキャストは、同作を観ているわけではないとのこと。じつは、自分の担当ブロックしか映像を観ていないため、公開日より一足早く作品を観ることができる観客に「うらやましい」と語りかけます。

本作では、毒舌で凶暴なアライグマ・ロケット役を担当している加藤。そもそも映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の出演がきっかけらしいのですが、当初は「“アライグマ?”って思った」と回顧します。アニメ『あらいぐまラスカル』のイメージで可愛らしいキャラクターを想像し、自分には似合わないと思っていたのだとか。のちに、粗暴な性格だと聞かされて「面白そう」と思い、ロケット役をお引き受けすることにしたと明かしていました。

ディズニーに感謝!?

本作に声優として携われたことについて気持ちを問われた加藤は「僕みたいなチンピラ上がりの司会者が、(配給元の)ディズニーさんと仕事ができるとは思っていなかったんですよ」と感激しきり。

「ディズニーさんと一番遠い人間だと思っていました」と言い、過去には番組でジャイアントスイングをしたり、アイドルの女の子の頭を蹴ったりした、と懺悔します。「いろいろ計算して蹴っているのですが、非常にネットで反響があり……半年くらい腹にジャンプを入れて生活していました」と述懐して会場を笑わせました。

そんな加藤も活躍する映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、4月26日(金)に全国ロードショーとなりました。ぜひ劇場でご覧下さい!

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』

監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
出演:ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワースほか
声優:米倉涼子、加藤浩次ほか
公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html