将来を嘱望されるCMプランナー・コピーライターと若手芸人3組がチームを組み、CMを制作して1位を決めるプレゼンバトル形式のイベント『よしもと若手芸人×若手CMプランナーCMバトル』が、12月14日(月)に東京・渋谷のよしもと∞ドームで開催されました。今回のお題は「ファミリーマート」の年末年始キャンペーン「おうちで楽しくすごそう!」のCM。果たして芸人たちはどんなCMを作り上げたのでしょうか? そして優勝の行方は!?

今回で、4回目を数えるこのイベント。クリエイターと共にCMを制作したのは、アイロンヘッド(ナポリ、辻井亮平)、空気階段(鈴木もぐら、水川かたまり)、ジェラードン(海野裕二、かみちぃ、アタック西本)の3組です。

毎回審査委員を務めているお笑いトリオ・グランジの五明拓弥が、「4回目にして、芸人さんとクリエイターの方が融合してきている」と唸るほどの力作ぞろいとなりました。優勝したチームのCMは、渋谷の街頭テレビジョンで年末の1週間、放映されることが予定されています。

アイロンヘッドの歌ネタ生かしたCM

この日のMCはタケトが担当し、審査委員はグランジ・五明とファミリーマート販促・マーケティング部マネジャーの阿部大地氏、そしてお笑いナタリーの遠藤敏文編集長(当日は欠席)が務めました。

ラジオCMのコンテストで授賞歴もある五明は、この日は芸人ではなく、完全にクリエイターモード。審査の意気込みを聞かれると、「芸人さんの華とクリエイターの脳みそ、この掛け算がどう爆発するか楽しみです」とそれらしいコメントをして、タケトに「誰なんだよ」とツッコまれていました。

さっそく、プレゼンが始まります。

トップバッターはアイロンヘッドが務めました。彼らと一緒にCMを制作したクリエイターは、コピーライターの仲澤南氏。まだ20代ながら「ACC TOKYO CREATIVE AWARD ゴールド」など多くの広告賞を授賞する若手の注目クリエイターです。

初めて会った時の第一声が、「私、アイロンヘッドのファンでございます」だったそうで、CMも彼らが得意とする歌ネタを生かした内容。仲澤さんが考えた歌詞に、辻井がメロディーをつけた音楽を軸に構成が組み立てられています。

実際にCMが上映されると、「素晴らしい」とみんなが手をたたいてほめるほどの出来映え。審査委員の五明は、「クリエイターさんが作ったものに芸人が乗っかるのではなく、アイロンヘッドの血液もクリエイターさんの体の中に入っていて、とてもいいCMだと思いました」と大絶賛でした。

ナポリは制作秘話として、歌を歌う妖精役の辻井のひげが濃すぎて、これでは妖精にならないとメイクさんが頭を抱えていたエピソードを披露。最終的に、見たことのないオレンジ色のドウランを塗られ、ひげを消すことに成功したと報告し、会場を笑わせていました。

コンビ結成時代の気持ちに戻ったジェラードン

続いてのプレゼン担当はジェラードン。タッグを組んだのは今年、CM界最高峰の賞である「ACC TOKYO CREATIVE AWARD 2020 グランプリ」を受賞したCMプランナーの吉尾眞香氏です。

内容は、ジェラードンの3人がファミマの袋を持ってひたすら走り、「家まで待ちきれない!!」というキャッチコピーがついたCM。上映されるやタケトやほかの出演陣から「めっちゃいい」と声があがりました。

ジェラードンは撮影を振り返り、3人が並んで走るシーンの撮影が大変だった、と言います。3人の顔が少しずつズレてカメラにおさまるように、10回以上撮り直したとのこと。スタッフを含めて、全員がもっといい画を撮りたいと一致団結し、10本目には、3人がトリオを組んだばかりのころの熱い気持ちに戻っていたそうです。

その撮影時の様子が伝わったのか、タケトも「みているだけで笑顔になっちゃう」と手放しで称賛。ファミリーマートの阿部氏も、「家に帰るまでのドキドキ、早く食べたいというワクワク感が出ていてよかった」と高評価でした。

バイトしていたもぐらの愛が詰まった作品

最後のプレゼンは空気階段。コンビを組んだのは、まだ業界4年目ながら「ACC クラフト賞」や「OCC新人賞」など数多くの賞の受賞経験がある新進気鋭のCMプランナー、山本修氏です。

作品の内容は、鈴木もぐらの家とファミリーマートが繋がっているという不思議な設定。独特な世界観が印象的な、空気階段らしい作品に仕上がっていました。

空気階段は、撮影時にファミチキを80本食べたそうですが、最後まで美味しかったと、しっかりアピール。「むかしファミリーマートでアルバイトをしていた」という鈴木は、自身のファミマ愛を熱く語りました。

審査委員の五明は作品を見て、「いやー、本当に芝居上手いね、2人とも」と感心した様子。鈴木は、股関節の軟骨がすり減って激痛が走る中、痛みに耐えて笑っているシーンを撮ったことも報告し、笑いをとっていました。

優勝はジェラードン&吉尾氏チーム

そしていよいよ、結果発表の時間。審査委員長の阿部氏の発表で、優勝はジェラードン&吉尾氏チームに決定しました。

これを受けて、ジェラードンと吉尾氏は4人で歓喜のハイタッチ。

アタック西本は「めっちゃ嬉しい。本当にただただ全力でやったのがよかったのかなと思います」とコメント。また、海野は「本当に最高のスタッフさんたちに囲まれてできたんで、われわれは言われた通りにやっただけで、それで(賞を)取らしてもらったんで本当にありがたいです」と受賞の感想を語りました。

審査委員の遠藤編集長は、こう評価します。

「どれが採用されてもおかしくないほどクオリティが高く非常に迷いましたが、1本だけ選ぶとしたらジェラードンさんの作品に1票入れたいと思います。決め手は『ワクワク感』!  もっともファミマで買い物したい気持ちになったので、僭越ながら選ばせてもらいました」

同じく審査委員の五明も、どれが優勝しても文句ない出来栄えで審査も非常に悩んだことを明かしながら、「惜しくも負けてしまった2組は、ほかのコンビニにこのCMの企画を持っていけば」と“提案”して笑いをとっていました。

ジェラードンが登場する優勝CMは、12月26日(土)から渋谷の街頭ビジョンで1週間放映されます。CM中にジェラードンとすれ違う人々が、実はジェラードンのコント衣装を着ているなど、ファンなら何度見ても楽しい仕掛けもあるそうです。今回のCM3作品は、同日からファミリーマートの公式YouTubeチャンネルでも視聴できます。

CM放映概要

ファミリーマート「おうちで楽しくすごそう!」CM(ジェラードン×吉尾眞香編)

期間:2020年12月26日(土)~2021年1月1日(金)1時間につき2回・1日30回放映予定
場所:東京・渋谷のスクランブル交差点グリコビジョン

アイロンヘッド・空気階段・ジェラードンCM

配信開始:12月26日(土)~

ファミリーマート公式YouTubeチャンネルはこちらから。

 


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」