5月1日(水)、いよいよ平成から令和へと元号が変わりますね。お笑い界では、やはり新元号にあやかる芸人が続出! すでに“令和芸人”が何組か出現しているようです。

「令和」にあやかり芸名改名?

新元号が発表された直後、SNSでは芸名改名を宣言する人が……。

新元号が発表された4月1日(月)、レイザーラモンRGがTwitterに「レイザーラモンはレイワーラモンに改名します」と投稿。エイプリルフールにかけたネタのようですが、Twitter上のプロフィール欄も「RG(令和元年)」と更新し、新元号への並々ならぬ意気込みを見せています。ユーザーからは「令和あるあるはやく聞きたい!」と期待が寄せられました。

なんと本当に芸名を変えてしまったコンビも。プリマ旦那の2人は、4月1日(月)に開催されたラスト単独公演『三八旦那』で、5月1日(水)からコンビ名を「令和喜多みな実」に改名することを発表。心機一転再スタートを切るようです。

「平成」を惜しむ芸人も

銀シャリ・鰻は、新元号発表前にTwitterを更新。平成の元号が発表された際の、小渕官房長官(当時)が「平成」の色紙を掲げる有名なシーンを、鰻お得意の「乳首アート」で再現。乳輪をマイクに見立てるという凝りようで話題になりました。

令和の時代、まだまだ“令和芸人”が増えそうな予感。元号の移り変わりは、芸人にも大きな影響があるのかもしれませんね。